トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

モチベーション上げる 働くをおもしろくする

感謝のアンテナ。

gf1420054199

2016/10/04


みなさんのいる会社やチームは、
「感謝のアンテナ」立ってますか?

・・・なんのこと?という感じですよね。

きっとみなさんは「上司や部下、メンバーに感謝してますか?」と
言われたら、多くの方が「YES」と答えると思います。

でも逆に「感謝されていますか?」と聞かれたらどうでしょう?

「・・うーん」
と悩まれてしまう人の方が多いかもしれません!

これってつまり、「感謝しているのに、伝わっていない」
ということだと思うんです。

「感謝されていない」と思われてる?

せっかく気持ちの中では「ありがたいなあ」と思い、
感謝の気持ちがあるのに、
相手から「感謝されていない」と思われていたら、悲しいですよね。

そこで!今日は弊社の社員全員で実践している、
「感謝の気持ちの伝え方」を
ご紹介したいと思います!

この「感謝の気持ちの伝え方」をはじめると、
チームや組織の中に「感謝のアンテナ」が立ち始めて、
より『信頼関係』が強くなるのを
必ず実感できると思いますよ。

感謝を毎日伝える方法

その方法とは・・・
「日報に『感謝の欄』を作ること」です!

簡単ですよね?
もちろん、作るだけでなく、その後、
その「感謝の欄」には、その日、感謝したい人に宛てて
メッセージを書くのです。

日報なので、これを毎日書くんです!
(週や月の報告書でもいいと思いますよ)

例えば、こんな感じです。

「Aさん:不在中の電話に的確なメモを残していただき、
ありがとうございます」

「Bさん:備品置き場を整理、使いやすくしてくれて、
ありがとうございます」

「Cさん:今日はアドバイスをありがとうございました!」

メッセージと言っても、たった1行でもいいんです!

弊社でこれを始めて、一番変わったのは
「お互いの日報をよく見る」ようになったことです(笑)。

自分に対する感謝を、つい探してしまうんですよね!
日報に書かれているのを見つけると、「あのことを感謝してくれたんだ」と気付き、
「ありがとうございます」の言葉に励まされて、
「またちょっと、何かやってあげようかな!」なんていう気持ちになるんです。

感謝してみると、変わる事

すると次には、「他の人より書いているのが少ないのが気まずくなる」
という現象が起きます・・・。

だから、「あれ、今日一人にしか感謝してない・・・」と思うと、
1日を振り返ったりして、日々の些細な出来事に
感謝の種を見つけようと、アンテナが立ち始めるんです!

その「感謝のアンテナ」がたつと、
不思議なことに、「いままで気づかなかったこと」が
見えてくるようになるんですよね。

そして、この「感謝」の気持ちが、
また「がんばろう」というやる気につながったりします!

「欄」をつくるだけの「感謝の伝え方」。
おすすめですよ!

みなさまは感謝の気持ちをどのように伝えていらっしゃいますか?
社内、あるいはご自身で実践されていることを、ぜひ教えてくださいね。

The following two tabs change content below.
大司奈緒

大司奈緒

イノベーション Div.マネージャー。トレマガ執筆者。株式会社FCEトレーニング・カンパニー
大学4年生で就活を終えた後、アルバイトではじめた家庭教師派遣業での経験から、急遽「教育」分野へシフト。その後、『7つの習慣』との出会いをきっかけに、もっと自分の力をつけようと、当時東証一部上場のコンサルティング会社へ転職。 子ども向けの「7つの習慣(R)」プログラム企画・開発職に従事し、FCEトレーニング・カンパニー創業メンバーへ。 マーケティング室を立ち上げ、マネージャーとして試行錯誤しているうちに、トレマガにその紆余曲折を好き勝手書いて(ごめんなさい)配信するように。 働くを“もっと”おもしろくしたい!という思さの強さがゆえに、よく凹み、よく泣き(※いい時も悪い時も)、よくテンションが上がる。若干面倒くさい女子(仮)。 今のミッションは、 「自分が得たいことに夢中であること」 「最高のHEROMAKERになること」 最近はまっているのは、チームの生産性向上(と、言う名の定時退社の画策)。

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-モチベーション上げる, 働くをおもしろくする
-,