03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 経営・人材育成ノウハウ
  • 2014.09.24

働きがいのある会社をつくるのは誰…?社長…?

【目次】

「会社って、誰がつくってるの?」

どうでしょうか? この答え、すぐ出る方も多いと思います。わたし自身も分かっているつもりでした、でも…。あるきっかけから、自分の考えを見直すことがありました。

うちの会社って…。 働きがいのある会社とは?

あなたの周りで「うちの会社って◯◯なんだよね~」というようなことを聞くことってありませんか?
例えば、

「うちの会社って、備品管理とかめっちゃ雑なんだよね…」
「うちの会社にもっとしっかりした福利厚生制度があればいいのに…」

とか、そういう言葉です。実は、、、わたしも少し前までそんなことを思っていました…

「うちの会社、もっとオシャレなオフィスにしたらいいのに…」
「うちの会社にも、こんな制度があればいいのに…」

でも、ある日の朝礼で会長から、こんなことを言われたのです。

「一人ひとりが、FCE(私たちの会社)っていう会社なんですよ」


会社とわたしは、別物?

わたしはこの言葉に、ドキっとしました。自分の会社が好きで、もっと大きくしたい、成長させたい、いい会社にして、もっと多くのお客様のお役にたちたい!と、わたしは真剣に思っているつもりでした。

でも…一方で実は、
「会社がもっと○○してくれたらいいのに…」
と、どこかで“会社”と“自分”はあくまで別物、とわたしは思っている部分があるんじゃないかな?そう思ったのです。

会社に対するパラダイム。働きがいのある会社、働くをおもしろくするにするのは誰?

実は、このような話があった背景には、わたし達FCEグループが、「働きがいのある会社ランキング」に
2年連続ベストカンパニーの1社に選ばれた、ということがありました。(2014年9月時点。2016年には4年連続ベストカンパニーへ)
https://hatarakigai.info/ranking/index.html#99


もちろん、誇るべき結果なのですが、まだ上には上がいる…。どこにも負けないくらい、自分の会社をもっともっといい会社にしたい!そのために、どうしたらもっと働きがいのある会社になるか?と考えた時に、朝礼での「一人ひとりがFCE(私たちの会社)です」という話があったのです。

わたしたちの会社を「働きがいのある会社」にしていくために、経営陣が新しい制度や、福利厚生を考えて運営してくれる。社員はその結果をただ期待して待っている、というだけでは、あまりにも受身なんじゃないか…と。

「“会社”は与えてくれるもの、社員は与えられた環境の中で働くもの」というパラダイム(考え方)では、私たちの実現したい「働くをおもしろくする」という状態にはならないのではないか?

とは言っても、動けなかった…

そこで、弊社の人財開発室が動きました。それが「働きがいのある会社づくりディスカッション」。3回くらいの機会を設定して、参加したい人だけが参加する方式で「話す場」を設けたのです。“何をやるか”を決める場、ではなく、“個々人が思っているアイデアを話す場”をつくったのです。するとなんと、社内の3分の2以上のメンバーが自主的に参加をしました。いきなり「アイデアを出して!」と言われても人はなかなか動けないもの。でも、仲間と集まって話し合える場だったら、参加しやすいですよね。

あったらいいな!を発信し、働きがいを作っていく

あ、もちろん、わたしも参加しましたよ!その時にすごくおもしろいな、と思ったのは、「現実的に何ができるか」だけではなくて、「あったらいいな」と思うことを自由に話していい、ということでした。ついつい普段仕事をしていると、予算や人員、かかる工数など、限られた条件の中でついつい発想もしてしまいがち。そこで、そういったものを取っ払って、「あったらいいな」を自由に発言し、どんどんアイデアを出し合っていったのです。


「クリエイティブ部屋をつくりたい!」
「看板をかっこよくしたい」
「社内にミニライブラリーをつくりたい」
「バースデー休暇がほしい」
「会社公式の部活がやりたい」
「自社のグッズをつくりたい!」


などなど、本当に驚くほどたくさんの「声」が出てきました。もちろん、ただ言いっぱなしで終わりではありません。出てきた様々な「声」をテーマに分けて絞り、それらを「もっと深く考え、実行に移していく」各委員会をつくり、実行するメンバーを募集することになったのです。

ワクワク度が、増す!

当たり前の話かもしれませんが、よく考えると「会社」って、あるようでないんですよね。変な言い方ですが、「会社」っていう生き物が、いい制度をつくってくれたり、オフィスをカッコよくしてくれれば
いいのですが(笑)、そういうわけではありません。それらを作っていくのは「会社の中にいる人」つまり、「社員一人ひとり」。

それは経営陣の役割では?と思うこともあるかもしれませんが、まずは、「一人ひとりが、どんな会社にしたいか」ということを、自分の意思として持つこと。そして、時にはそれを発信したり、自分で変えられることは、自分で始めてみたり。そうやって会社って「つくっていける」ものなんだな、と実感しました。すると、ものすごく可能性とかいい意味での責任を感じて、より一段とワクワクするようになりました!

「この会社で、あんなこともこんなことも実現したい!」とより一層思えるようになったんです。みなさまも、「自分自身が、○○(今の会社)」と考えてみると、アイデアや、やってみたい事の幅がより一層広がって、働くことのワクワク度が高まるかもしれません。

ぜひ、そんな視点も取り入れてみてくださいね!

【編集後記】ちょっと反省・・・。働きがいを作るためにまずやったこと。

「わたし自身が、FCE(自分の会社)」と考えてみることで、まずわたしが始めたのは、デスクや使う資料の整理でした(笑)!お恥ずかしながら、色々な資料が溜まっていたり、社内の古い掲示物が貼りっぱなしになっていたり…。「オシャレなオフィス」にするために、引越しや改装などは手っ取り早いですが、身の回りや、普段使う資料や、社内掲示物のおしゃれさにもっとこだわることで、印象って結構変わるかも!と思い、まずは自分から…と密かに整理をし始めました!わかっているようで、できていないことって、本当にたくさんあるものですね…(大反省です)。
このトレマガも、もっとみなさまにとって、身近に思っていただけるようになりたいな、とも思いました。

「読んでくださる方は、どんなことを思っているんだろう?」
「普段、何か解決したりヒントがほしいことってあるのかな?」

こういうことを、もっともっと知りたい!と改めて強く思います。

以上、大司 奈緒(たいし なお)でした!

▼「職育」仕事を通じて、人を育てる。職場を育てる。“働く”をおもしろくする研修が、あります。
https://www.training-c.co.jp/__cms__/

▼トレマガ執筆者紹介ページ▼
https://www.training-c.co.jp/__cms__/mailmagazine/profile/

▼「トレマガの内容、活用してる!」「自分もこんなことあったよ!」
という方、ぜひ、トレマガのご感想、ご意見お聞かせください!▼
toremaga@training-c.co.jp

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

◆◇◆ 「働く」をモットおもしろく! トレマガ ◆◇◆

トレマガ編集・執筆責任者:中村 天大(なかむら てんだい)
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
連絡先:ml-info@training-c.co.jp

【当社プライバシーポリシーについてはこちら】
https://www.training-c.co.jp/__cms__/privacy/
───────────────────────────────────

◆新たにご購読をご希望の場合は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
Copyright 2016 FCE Training Company. All rights reserved.
社内回覧、お知り合いへの転送は大歓迎です。全文、または一部の記事の無断転載はご遠慮ください。
※「7つの習慣(R)」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
※「7つの習慣(R)InnovativeMind研修」プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、FCJ社の監修のもと、研修、および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

【動画でわかる!】 今求められるリーダー像とは10分で学ぶリーダーに求められる資質とは?

【動画でわかる!】 今求められるリーダー像とは10分で学ぶリーダーに求められる資質とは?

昨今、「リーダー」のあるべき姿は⼤きく変わってきました。トップダウン、No.1セールスがリーダーとして活躍出来る時代は終わり?変化の激しいこの時代に必要は「リーダー」としてのスキルを短い動画にまとめました。

この資料を見る

この記事を書いたコンサルタント

FCEトレーニング・カンパニー (編集部)

FCEトレーニング・カンパニー 編集部です。
人材開発/研修を検討中の方、組織力の向上を目指し情報収集をしている方向けに有益なコンテンツを発信していけるようサイト運営をしております。

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30