03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 評価制度
  • 2015.03.10

目標の価値、を決めるもの

【目次】

実は先日、えっ!?と思わず声をあげて驚いてしまうことがありました。

それは…なんと、

このトレマガ、先日1周年を迎えていました!(拍手!笑)

そのメールを機に、ふとこの1年を振り返り、
いつもお読みくださるみなさまへの感謝の気持ちが湧き出ると共に、

「ある1つの不安」を思い出しました。


ある1つの不安。

実は、このトレマガを書き始めたとき、
わたしには、ある1つの「大きな不安」がありました。

正直、書き始めて半年くらいは、この不安がずっとつきまとっていたのです。
それは、

――――――――――――――――――――
この「トレマガを毎週配信する」ことは、
周りの人から「認めてもらえる」活動になるんだろうか?
――――――――――――――――――――

ということ。
営業や、研修講師のように、
直接お客様の顔を見て、喜んでもらえるわけでもなく、
変な話、すぐに大きな利益を生むわけでもない。

そんな活動が、本当に認めてもらえるのか?

本当に意味のある仕事になるんだろうか?

実は、わたしはそんな気持ちを持っていたのです。

ある、女子高生の話。

そんな中で、転機が訪れます。

トレマガのネタを考えようと、ある1冊の本を手に取った時のことです。

その本に書かれている内容に、ものすごい衝撃を受けました。
その本とは、長崎で暮らしていた女子高生「洲崎 澪(すざき みお)さん」
が書いた「最後のマドレーヌ」というものでした。

澪さんは、「7つの習慣J」を学校の授業で受講している生徒なのですが、
(※「7つの習慣J」とは、世界的ベストセラー『7つの習慣』を
学生向けの授業カリキュラムとしてアレンジした、教育プログラムです)
この授業を通じて、ある「夢」と「目標」を決めます。

それは、

「パティシエになる」という夢と、そのために
「約半年で、オリジナルレシピを50種類以上作る」という目標でした。

そして、その目標の実現にむけてチャレンジを始めました。

しかし…襲う、大きな悲しみ。

半年で50種類のレシピ。

しかも、1つのレシピの完成までの道のりは長いのです。

レシピを考え、実際に自分で作り、
人に食べてもらって意見を聞き、
さらにレシピを修正し、
また食べてもらい、
喜んでもらうものになって、やっと完成します。

それを50種類。
1ヶ月に8つ以上はこの工程を全て乗り切らないといけません。
もちろん、それだけではありません。

学校の授業や勉強も。
大好きだけど忙しい、弓道部の活動も。

やることは際限なく、たくさんある。

そんな忙しい毎日の中で、
将来の為に自ら設定し掲げた、大きな目標でした。
しかし、そのチャレンジの途中で、
澪さんに、とてつもない大きな悲しみが襲いかかります。
チャレンジを後押しし、
彼女の夢を最も応援してくれた母親が、
ガンで亡くなってしまうのです。
…みなさまだったら、どうしますか?

わたしだったら、大きな悲しみを前に、
チャレンジや目標の意味も価値も見失ってしまうと思うのです。

悲しみに暮れ、そのチャレンジを自ら手放してしまうと思います。
実際、澪さんも、大きな悲しみに途方に暮れ、

忙しい毎日に、さらに家事という負担も加わり、

チャレンジを手放しそうになったこともあったと言います。
しかし、澪さんは、放れていきそうになる手を握り直しました。

そして、悲しみを乗り越えてチャレンジをし続けた彼女に、思わぬプレゼントが…。
約15,000人もの子ども達のチャレンジが競われる大会「チャレンジカップ」。

彼女のチャレンジが、なんと、

その頂点に立つことになったのです。

そしてさらに、その姿、生き方は感動を呼び、

「最後のマドレーヌ」という本になり、宝島社から出版され、

テレビ東京でドラマ化されるまでにいたりました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/madeleine/

目標の価値、を決めるもの

このエピソードの中で、わたしが最も衝撃を受けたことは何か?

それは、本に書かれていたこの言葉でした。

――――――――――――――――――――――

母がいないのは現実。

でも、だからといって自分の夢が消えたわけじゃない。

このチャレンジは、自分の未来につながっている。

だから、絶対にやりとげる。

――――――――――――――――――――――

うまくいかないことや、大きな悲しみがあっても、

「自分で自分の目標を決め、全力をつくす」
ことは、自分で決めて、できること。

この1文を読んだときに、ものすごい衝撃を受けると共に、

「認めてもらえるんだろうか?」

なんて考えていた自分が、ものすごく恥ずかしくなりました。
まわりがどう思うか、ではなく、
自分が何をどう思い、信じ、やり抜くか。

それこそが目標を持つ意味であり、価値なんだ、と
澪さんから教えてもらったのです。

自分の目標への姿勢を見直す

だから、わたしもこの「トレマガ」が少しでも多くの人の
「働くをおもしろくする」きっかけとなるように、
目標を持ち、やり続けよう。

そのための「きっかけ」は自分で見出す。自分で掴み取る。

そう決意を改めて固めた瞬間でもありました。

4月に。

そして、わたしだけでなく、必ず多くの働く人達の

「きっかけ」となる日が、いよいよ4月にやってきます。

澪さんも出場した「チャレンジカップ グランプリ決定戦」が、

2015年4月26日に開催されるのです!

▼詳細はこちら
https://www.challenge-cup.net/cc/grand_prix/form.html
自分で自分の目標を設定し、

どんな状況、環境にも負けずに全力を尽くし、

望む未来を手に入れた全国のチャレンジャーに出会える日です。

――――――――――――――――――――――――――――
▼詳細、お申込はこちらから▼(残席わずか)

2015年4月26日(日)13:15~17:45

https://www.challenge-cup.net/cc/grand_prix/form.html

※前回ご案内時には、数十名の方からお申込いただきました!
――――――――――――――――――――――――――――

先日トレマガからのご案内時には、

なんと、数十名の方からお申込をいただきました。

こんなにも、自らきっかけを作ろうとする方々が読者様にいるということに、

またわたしも勇気をもらいました。

本当にありがとうございます!

席も埋まってきましたので、ぜひお早目にお申込くださいませ!

▼お申込・詳細はこちらから
https://www.challenge-cup.net/cc/grand_prix/form.html

会場でお会いできること、楽しみにしております!

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

【動画でわかる!】 今求められるリーダー像とは10分で学ぶリーダーに求められる資質とは?

【動画でわかる!】 今求められるリーダー像とは10分で学ぶリーダーに求められる資質とは?

昨今、「リーダー」のあるべき姿は⼤きく変わってきました。トップダウン、No.1セールスがリーダーとして活躍出来る時代は終わり?変化の激しいこの時代に必要は「リーダー」としてのスキルを短い動画にまとめました。

この資料を見る

この記事を書いたコンサルタント

FCEトレーニング・カンパニー (編集部)

FCEトレーニング・カンパニー 編集部です。
人材開発/研修を検討中の方、組織力の向上を目指し情報収集をしている方向けに有益なコンテンツを発信していけるようサイト運営をしております。

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30