トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

モチベーション上げる 仕事力上げる

失敗が、怖くなくなる2つの方法。

af9940054372

2016/09/28


突然ですが、みなさまは「失敗」って好きですか?

みなさまの部下やメンバーはどうでしょう?

「失敗」って怖くはないですか?
わたしは、正直「超」怖いです!!!

失敗するかもしれないなら、踏み出すのもちょっと躊躇してしまうくらい…。

失敗が怖い理由

だからそうならないように、事前に考え抜き、出来る限り準備をするのですが、
それでも実践するとやっぱり「失敗」になる可能性は0じゃない…。

それに、仕事で失敗してしまったら、

・上司や誰かに怒られるんじゃないか

・こんなこともできないのか、って失望されるんじゃないか

・新しい仕事をもう任せてもらえないんじゃないか
そんな不安を、きっと誰もが少しは抱えたことがあるんじゃないかと思うんです。

もしかしたら、新人や若手の社員さんほど、
そう思う傾向があるかもしれません。

もしも、失敗が、怖くなくなったら

でも、「失敗は成功のもと」と言う言葉にもあるように、
もしみなさまや、みなさまの部下、メンバーが
人の目を気にしすぎることなく、

・失敗を前向きに捉え

・成功につながるステップだと考え

・失敗を糧に、より大きな成功を手に入れる

ということができたら、どうでしょう?

きっと失敗する前より、成功率は高まりますし、
一緒に働くメンバーも明るくなったり、前向きな雰囲気が生まれたり、
思いもしなかったような新たなアイデアが出るかもしれませんよね。

富島さんのお話。

わたしも、ずっと頭では分かっていました。

でも、なかなか実際には「失敗」への不安は消せなかったんです。

でも、ある人の話を聞いたことがきっかけで、考えが大きく変わりました。

まだまだ、怖い時もあるけれど、
少なくとも、これまでのように「失敗しても凹まなくなった」んです!

その人は「富島さん」という、観葉植物レンタル業を営む会社で働く、
いち社員の方でした。
富島さんは、元々「失敗だらけ」で、

「学生の時などは、人の目ばかりを気にしていて」

「汗かくこと1つ、気になって気になってしょうがなかった」

ような方だったようです。

もちろん、学級委員など、人前にでるような役割はもってのほか。
でも、富島さんは今、こうおっしゃるんです。
「仕事がおもしろいな、と思うのは、

うまくいかなかったり、失敗したときですね。」

「間違うこと、失敗することへの恥ずかしさを捨てる、

ということができるようになったと思います」

「失敗をすることが、僕のがんばる原動力です」

失敗が、怖くなくなる方法。

富島さんのお話から学んだ、「失敗が、怖くなくなる方法」。

それは、

・自ら「失敗」をしにいく機会をもつ

・「失敗」したら「宣言」をする

ということでした。

実は、富島さんは弊社定額制研修トレセンを受講している、
会社の社員さんです。

富島さんの、前向きで、すぐに仕事に活かす受講姿勢について、
秘訣をお伺いしようとしたインタビューで、

この「失敗が、怖くなくなる方法」を教えてもらったのです。
本当は…

この内容をトレマガで紹介したかったのですが…
弊社内だけのものにしておくのはもったいないので、
今回は、インタビュー内容を、全て共有させていただきます!

▼「失敗」して「宣言」する
その前向きな学びのサイクルについて教えてください!▼

http://www.training-c.co.jp/img/green_interview.pdf

・新しいことへのチャレンジを目前に、少し不安…

・もっと勇気をもって、色々なことに、自分からチャレンジしてほしい!と
感じる部下やメンバーがいる

・前向きに失敗を捉えられるようになりたい!

という方は、ぜひ!ご一読くださいね。
▼富島さんインタビュー▼

http://www.training-c.co.jp/img/green_interview.pdf
●富島さん、アートネイチャーさんも参加している研修…

定額制研修「トレセン」の詳細はこちらから。

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://www.training-c.co.jp/toresen.html
今日も、最後までお読みくださりありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
大司奈緒

大司奈緒

イノベーション Div.マネージャー。トレマガ執筆者。株式会社FCEトレーニング・カンパニー
大学4年生で就活を終えた後、アルバイトではじめた家庭教師派遣業での経験から、急遽「教育」分野へシフト。その後、『7つの習慣』との出会いをきっかけに、もっと自分の力をつけようと、当時東証一部上場のコンサルティング会社へ転職。 子ども向けの「7つの習慣(R)」プログラム企画・開発職に従事し、FCEトレーニング・カンパニー創業メンバーへ。 マーケティング室を立ち上げ、マネージャーとして試行錯誤しているうちに、トレマガにその紆余曲折を好き勝手書いて(ごめんなさい)配信するように。 働くを“もっと”おもしろくしたい!という思さの強さがゆえに、よく凹み、よく泣き(※いい時も悪い時も)、よくテンションが上がる。若干面倒くさい女子(仮)。 今のミッションは、 「自分が得たいことに夢中であること」 「最高のHEROMAKERになること」 最近はまっているのは、チームの生産性向上(と、言う名の定時退社の画策)。

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-モチベーション上げる, 仕事力上げる
-, ,