トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

インフォメーション 働くをおもしろくする

喜んでますか?

af0150016851

2016/09/28


みなさま、こんにちは!
FCEトレーニング・カンパニー「トレマガ」編集担当、大司奈緒です。

唐突ですが、みなさんは毎日の仕事において

「喜・怒・哀・楽」

の4つのうち、
どの感情を周りに伝えることが、一番多いですか?

お恥ずかしながらわたし、
結構「怒」とか「哀」が多かったんです・・・。

仕事が立て込み疲れてくると、

「もう、○○もやらなくちゃいけないし、
△△もあるし、もう大変だよ・・・」
とか、

「なんで、●●さん、これやってくれないんだろう!」
とか。

そういう言葉をついつい、口にしてしまっていたんですよね。

ちゃんと喜んでる?

でも先日、先輩社員とこんな会話がありました。

先輩「そういえば、先月の目標、結構高い目標だったよね?
でも、あれ達成したんじゃないの?」

私「ああ、確かに達成はできました。
でも、ほかにあの仕事も終わってないし、
この件は、ちょっとミスもあって…」

先輩「いやいや、そうかもしれないけどさ、
できたことは、ちゃんと喜ぼうよ!よかったじゃん!」

この時に、ふと思ったんです。

『あれ、できたことに対して、ちゃんと自分で喜んでいたっけ?』

『わたし、大変なことやできていないことばかり口にしているのかも』

「喜・楽」を伝える

ふとそう思って、自分自身と周りの人との会話を振り返ってみると、
うまくいったこと、小さくても嬉しかったこと、
そういうことは、あまり周りに言葉にして、気持ちを伝えてないなあ、と
気づかされました。

なんだかこれって、全然“働く”がおもしろそうじゃない!

そう思ったので、ある面談がうまく進んだ後、
一緒に面談同席してくださった上司に、
こんな風に感謝を伝えてみたのです。

「●●さん、今日面談うまく進んで、本当良かったです!
すごく嬉しいです、ありがとうございました!」

すると、上司も

「よかったな!」

と笑顔で応えてくれました。

そのやり取りの後、もう一度自分でハッとしました。

これまで、「ありがとうございます」とは言っていても、
嬉しいとか、どう思っているか、そういう「喜・楽」の気持ちを
伝えてこなかったんですよね。

でもそれだと、相手も「ありがとう」と言われても、
あまり「嬉しさ」は伝わっていなかったのかもしれません。

上司も一緒に嬉しそうな顔をしてくれたのを見て、
「自分が喜ぶことを、一緒に喜んでくれる人がいるのっていいなあ」
と強く思いましたし、何より、

「しっかりと喜びを伝える」ことでこそ、
仕事の大変なことも、仲間と乗り越えようという気持ちが、
強くなるのかもしれないな・・・そんなことを感じました。

もし…

みなさんも、もし自分の普段の会話を振り返って

・ちょっと愚痴が多いかも

・最近、『疲れた』としか言ってないな…

と思い当たることがあれば、
意識して「喜・楽」の気持ちを言葉にする!ということを
実践してみること、おすすめします。

周りの方の笑顔が、さらに皆さん自身の『元気』となって返ってくること、
お約束します!

▼“働く”をおもしろくする人材育成に関する、
お問い合わせはこちら▼

http://www.training-c.co.jp/

・来期の人材育成について相談したい
・無料セミナーに参加してみたい
・改めて、資料などが欲しい

など、気軽にお問い合わせくださいね!

▼トレマガバックナンバーも続々アップ中!
『いいね!』をお願いします!▼

FaceBookにて
「“働く”を面白くするLab」始めました!

https://www.facebook.com/hatarakuomoshirokulab

↑いいね!のクリックお願いします!↑

▼新無料セミナー、始めました▼

・働きがいのある会社を作りたい!
・人材育成をもっと、効果性を高めるきっかけがほしい!

とお考えの皆さまは、ぜひお越しくださいませ!

▼無料/ご経営者様・人事ご責任者様向けセミナー(東京)▼

11月 12月開催

▽「リーダーに求められる3つの資質と7つの習慣(R)」活用手法公開セミナー

【2015/11/11】https://www.training-c.co.jp/seminar_offer.php?id=354
【2015/12/8】https://www.training-c.co.jp/seminar_offer.php?id=355

▽「新卒社員を育成するコツ」を事例から学ぶ!セミナー

【2015/11/30】https://www.training-c.co.jp/seminar_offer.php?id=454

▽ご経営者様限定▽

●「10億の壁を悠々と超えた経営者たちが必ずやっていること」公開セミナー
https://www.training-c.co.jp/seminar_offer.php?id=346

●あなたの会社を『継続的に結果を出す強い組織』に変える方法。
https://www.training-c.co.jp/seminar_offer.php?id=459

▼他日程/【大阪】【福岡】開催はこちらから!▼

http://www.training-c.co.jp/top.php

ぜひ、皆さまにお会いできますこと楽しみにしております。

次号の第72号は、11月4日頃発行予定です。
以上、大司奈緒でした!

The following two tabs change content below.
大司奈緒

大司奈緒

イノベーション Div.マネージャー。トレマガ執筆者。株式会社FCEトレーニング・カンパニー
大学4年生で就活を終えた後、アルバイトではじめた家庭教師派遣業での経験から、急遽「教育」分野へシフト。その後、『7つの習慣』との出会いをきっかけに、もっと自分の力をつけようと、当時東証一部上場のコンサルティング会社へ転職。 子ども向けの「7つの習慣(R)」プログラム企画・開発職に従事し、FCEトレーニング・カンパニー創業メンバーへ。 マーケティング室を立ち上げ、マネージャーとして試行錯誤しているうちに、トレマガにその紆余曲折を好き勝手書いて(ごめんなさい)配信するように。 働くを“もっと”おもしろくしたい!という思さの強さがゆえに、よく凹み、よく泣き(※いい時も悪い時も)、よくテンションが上がる。若干面倒くさい女子(仮)。 今のミッションは、 「自分が得たいことに夢中であること」 「最高のHEROMAKERになること」 最近はまっているのは、チームの生産性向上(と、言う名の定時退社の画策)。

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-インフォメーション, 働くをおもしろくする
-,