トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる 生産性上げる

人生は悲劇…?

9e78a28996f81959d3bb63126d735f02_m

2016/09/28


みなさま、こんにちは……
FCEトレーニング・カンパニー「トレマガ」編集担当、中村天大(てんだい)です……

突然ですが、先月、私は悲劇にあいました。

自分でも、今考えると、なんであんなことをやってしまったんだ……と、

後悔してもしきれません。

で、それは、なんだったかというと……

「間違えて、78万円の教材を買ってしまったんです。。」

はい、78万円です。ウソでもハッタリでもありません。

教材と言っても、怪しいものではありません。

マーケティングに関する、超魅力的な教材でした。

で、なぜ、そんなものを買ってしまったのか…?

それは、

値段を間違えて、3万円だと思っていたんです。

よくよく読むと、3万円は頭金で、残り75万円は後で振り込むように、となっていました。

頭金はさっさとクレジットカードで払ってしまっており、

「返金保証はありません」との記載。

悲劇でした。

「75万円は許してもらえても、3万円は返ってこない…」

「3万円あったら、うまいもの食えたのに…」

「というか、妻になんて謝ろう…」

1時間ぐらい頭を抱え、悩み続けました…

人生は悲劇…?それとも…?

その日の夜。

私は今年に入っての、自分の日課である、

ミッションステートメントを見ました。

ミッションステートメントとは…ご存知の方も多いと思いますが、

自分の人生の目的、ありたい姿を紙に書いたものです。(詳しくは7つの習慣(R)をご覧ください)

沈んだ気持ちで、ミッションステートメントを見直すとそこには、

こんなことが書いてありました。

「人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇だ」

これは喜劇王と言われた、チャールズ・チャップリンの言葉で、

今年の年始に自分の?ミッションステートメントに加えたものでした。

クローズアップ、つまり短期で見ると悲劇。

でもロングショット、つまり長い目で見たら喜劇だよね、ってことです。

「ロングショットで見れば喜劇…」

ミッションステートメントに加えたのは、まぎれもなく、自分だったわけですが、

この時、この言葉を見た瞬間、たちまち心臓の音がドクドクと聞こえるぐらいの

高揚感に見舞われたのです!

「そうか!ロングショットで見れば喜劇か!確かに!」

その時、一気に自分の中でパラダイムシフト(考えが180度変化)しました!

「78万円の高額商品を、間違ったとはいえ、買ったことがある
ってすごい経験じゃん!ラッキー!(超前向き!)」

となりました。

「たしかに3万円は痛いけど、とてもいい経験ができた!」

5分前まで、悲劇でしたが、

ミッションステートメントを読んで、救われました。

この言葉通り、悲劇が一瞬で喜劇に変わりました。

そして、このネタをトレマガで書こうと。これはネタになると。

というわけで今、こうして書いています。

あなたにはありますか?

というわけで、なんともマヌケな話だったわけですが、

いつもトレマガを読んで頂いている皆さんなら、僕が言いたいこと分かりますか?

そうです。

ミッションステートメント、あなたにはありますか?

そして、あったら毎日見てますか?

ってことです。

こんな、上からな言い方をすると、カチンとくる方もいるかもしれませんね。。。

実は…私もミッションステートメントを毎日見るようになったのは、

今年に入ってからなんです。

私たちのグループでは、ミッションステートメントを見直すのは、

毎年の宿題というか、当然やるよね、ってことの一つなんですが、

今年は、都度見直す、できれば毎日見直す、というテーマを会長からもらいました。

そういうわけで、毎日見るというのが習慣になりつつあるんですが、、、

これはオススメです!!!!!

さっきのようなマヌケな話はさておき、

読むたびに、心?身体?の内側からパワーがみなぎってきます。

ホントに。ホントに。

でも、

時には疲れていたり、ミスをして、ネガティブになっていることもあり、

そんな時はミッションステートメントを読んでも、なんか、パワーが湧いてこないなってこともあります。

ただ、そういう時は、ミッションステートメントがワクワクするものになっていないので、

見直すことができるんです。

「んー、この表現じゃなくて、こっちの表現の方がワクワクするなー」と。

そして、修正したあとには、自然と、

「そうそう、これ、これ!これいいね!!この表現!!!」

となってやっぱりパワーがみなぎってきます。

もし、毎日のストレスで、気持ちの浮き沈みがあったり、

どうも、モチベーションが上がらない。

なんてことがあったら、ミッションステートメントを作って、

毎日見直すことをオススメします!

きっと、少しだけ前向きになれると思います。

以上、天大(てんだい)でした!

追伸

結局、頭金の3万円は返ってきました。

お店にはお詫びをして、手数料もかからず、全額返ってきて、

ホッとしました。

The following two tabs change content below.
中村天大

中村天大

マーケティングDiv.サブマネージャー株式会社FCEトレーニング・カンパニー
株式会社FCEトレーニング・カンパニー、マーケティングDiv.サブマネージャー。トレマガ執筆者。茨城県牛久市出身。大学では半導体工学を専攻していたが、「自分はアインシュタインみたいな天才にはなれないし、自分が天才になるより、天才を見つけ、育てる方が価値あるんじゃないの!?」と思い、学部の9割以上の人が大学院に進学する中、、突如、教育業界に進路変更し、大学を卒業。社会人2年目でマネージャーへ昇進し、バリバリ働くが、働きすぎて身体を壊す。また、塾で子どもたちに「夢を描け!世界で活躍しろ!」と言っているが、「てゆーか、そもそも自分はどうなのよ?」、「まず、語れる自分にならなきゃなんじゃないの?」と思い、その後、FCEトレーニング・カンパニーへ転職。しかし、世の中は甘くなく、人材育成事業のコンサルティング営業職に就くが、元気と笑顔だけで生きてきたので、思ったようにお客様の成果に結びつけることができず…「お前、ここで死に物狂いになれなかったら、もう行くところないよ?」と、上司に言われ、マーケティングDiv.へ異動。おっちょこちょいで、超楽観的な性格から、「こんな感じでたぶんイケると思います(^^♪」という計画を、上司たちに木っ端微塵にされ、叱られながらも徐々に成長。。。言葉通り、死に物狂いで働き、勉強し、グループ内でジ・エンプロイー・オブ・ザ・イヤーを受賞。現在に至る。私にとっての働くをおもしろくするは、豊かな人生を送るために、おもしろく働く。おもしろく働くから成果が出る。成果が出るからプライベートも充実し、楽しい人生になる。
中村天大

最新記事 by 中村天大 (全て見る)

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-仕事力上げる, 生産性上げる
-, ,