トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

生産性上げる 組織力上げる

腰痛から学ぶ、今の仕事を「やらなくちゃ」から「やりたい」に変えるコツ

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

2016/09/28


みなさま、こんにちは!
FCEトレーニング・カンパニー「トレマガ」編集担当、大司奈緒です。

ちょっとご無沙汰させていただいておりました。と、言うのも…。

私…。

実は、会社を…

「腰痛」で、しばらくお休みしていました!

…なんだそれ!という声も聞こえてきそうですが (笑)人生で初めて「少しも動くことができない」ほどの腰痛を経験し、安静入院や自宅療養を1ヶ月近く、続けていたんです。

今日は、そんな1ヶ月のお休みの間に、私が「気づかされたこと」についてお伝えします。

「私にしかできない仕事」

突然腰痛がやってきたのは、ある月曜日の朝。その1週間は、今進めている仕事において、すごくすごく重要な、会議、面談、連絡などなど、本当に大事な仕事が山積みの1週間でした。

上司や同僚、取引先に連絡し、一時的に対応してもらいましたが、その後もまだまだ、安静にしなければいけないとなり、最低限できることだけに集中しよう、ということで色々な業務を手離し、他の人にお願いすることとなりました。

その時、私の心には快く仕事を引き受けて下さる会社への感謝でいっぱい…だったのですが、実は、こんな気持ちも抱いていました。

それは、、、

「…全部、『私にしかできない仕事』だと思って頑張っていたけど…そうでもないんだな(超、残念…!)」

そう、実は自分がやってきた仕事が他の人の手に渡ることがちょっと「寂しいな」と思ってしまっていたんです。

「誰でもできるようにする」

頭では、わかっているつもりでした。「自分にしかできない仕事」なんて存在しない。逆に、そのような仕事だけになってしまったら、会社の生産性は著しく下がってしまう。いざ、と言う時に、「誰でもできるようにする」こと。それこそが、チームで大きな成果を出すためには大事なことだと思って、私自身も意識して仕事をしてきたつもりです。

でも…。

いざ…。

本当に「誰でもできる」つまり「私じゃなくてもいい」ということを目の当たりにすると、

『ああ、私がいなくてもいいのね』

『必要とされていると思っていたけど、、、まあそうでもないか…』

なんて、(腰の痛さもあいまって!)なんだか、身勝手にもちょこっと凹んでしまっていたのです!

そして、やっぱり気づいたこと

そんな気持ちで色々考えている中で、ふと、お休みする前の自分を思い出しました。毎日忙しかったし、仕事も楽しかった。でも、私がよく口走っていたのは、

「ああ、あれもこれも…“やらなくちゃ”!」

という、言葉。

まるで、「私しかできないんだから、やらないといけない!」と、誰かに強制されているかのような、それでいて、どこかそんな自分に酔っている自己満足のような。そんな言葉ばっかり言ってたな、と気づいたんです。

でも、仕事をすこし離れてみて、自分じゃなくても、出来る仕事だとわかってなお、改めてわかることがありました。

それは、

「今私がしている仕事は、“したい”仕事なんだな」ということ。誰かがやってもいいかもしれない。私じゃなくてもいい。

でも、私がとても「したい」仕事ばかりなんだな、ということが深く実感できたのです。

“やらなくちゃ”と、言いたくなったら…

とはいえ、これからも仕事のペースが戻って忙しくなってきたらきっとまた私の口癖は、「“やらなくちゃ”!」に戻ってしまうような気がしています(笑)。

でも、もしそんな言葉を口走ったらその時は、「私しかできない仕事だから」⇒「“やらなくちゃ”!」ではなくて、「私が“したい”仕事だから」⇒「“やらなくちゃ”!」と、言う風に思い直そうと決めました。

健康に仕事ができること、何かあったらすぐにサポートしてくれる環境、仲間がいることに感謝して、何度でも自分の気持ちを仕切りなおそう!

そう新たに決意をすることができる、大事なお休みとなりました。

皆さまも、忙しいとき、やらなくてはいけないことが多い時こそ、「私が“したい”仕事だから」⇒「“やらなくちゃ”!」と、思い直してみると、今よりさらに前向きな気持ちで、常に新たな決意をもって、日々の仕事に望めるかもしれません!

では、皆さまも、腰痛にはどうぞお気をつけて!!!(切実)

以上、大司奈緒でした!

The following two tabs change content below.
大司奈緒

大司奈緒

イノベーション Div.マネージャー。トレマガ執筆者。株式会社FCEトレーニング・カンパニー
大学4年生で就活を終えた後、アルバイトではじめた家庭教師派遣業での経験から、急遽「教育」分野へシフト。その後、『7つの習慣』との出会いをきっかけに、もっと自分の力をつけようと、当時東証一部上場のコンサルティング会社へ転職。 子ども向けの「7つの習慣(R)」プログラム企画・開発職に従事し、FCEトレーニング・カンパニー創業メンバーへ。 マーケティング室を立ち上げ、マネージャーとして試行錯誤しているうちに、トレマガにその紆余曲折を好き勝手書いて(ごめんなさい)配信するように。 働くを“もっと”おもしろくしたい!という思さの強さがゆえに、よく凹み、よく泣き(※いい時も悪い時も)、よくテンションが上がる。若干面倒くさい女子(仮)。 今のミッションは、 「自分が得たいことに夢中であること」 「最高のHEROMAKERになること」 最近はまっているのは、チームの生産性向上(と、言う名の定時退社の画策)。

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-生産性上げる, 組織力上げる
-, , , ,