トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる

プレゼンの達人になる近道とは…?

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_m

2016/09/28


みなさま、おはようございます!
FCEトレーニング・カンパニー「トレマガ」編集担当、中村天大(てんだい)です。

みなさん、日ごろ「ちかん力」発揮していますか?

最近、私は一生懸命「ちかん力」を発揮し、どんどんちかんするようにしています!

すみません。。

変な意味に捉えた人もいるかもしれませんが、もちろん変な意味ではありません。

「ちかん力」は「置換力」と書き、物事の本質を捉え、自分事に置き換える力と言います。

つまり一見自分と関係なさそうな事柄から自分の仕事や生活に置き換えるとしたら?と考える思考力のことです。

私たちの研修やセミナーの冒頭でよく話をしているので、聞いたことがあるかもしれませんし、また別のところで聞いたことあるよ、とか、そんなのいつもやっているよ、部下にも伝えているよという人もいるかもしれません。

実は私、、、

前職では全く置換力が発揮できないダメビジネスマンだったんです。。。でも、置換力をどんどん発揮していけるようになった、一つのきっかけとなった話を、今日はしたいと思います。

あなた自身、もしくは、あなたの会社の社員や部下に置換力を発揮してもらうためのヒントになるかもしれません。

社長、また同じこと言っているよ~

私は前職で、研修やセミナーの時、いつもこんな風に思っていました。

「社長、今日もまた同じこと言ってるよ~」とか、「なんか抽象的な話で分かりづらいな~」とか、もしくは外部講師の研修で、「今日の講師はハズレだな~」とか、「話が下手だな~」とか、思ってました。

(今振り返ると恥ずかしくて、頬が真っ赤になってしまいますが、、、)

当然、私がその研修やセミナーで得られるものは、とっても少なく、行動が変わることもなく、私が思った通り(?)、私にとって意味のない研修になってしまっていたのです。

ところが、こんな話を聞いて、自分の考えが間違っていたことを知り、私は過去の過ちに気付き、頭を抱えしばらく呆然としてしまったのです。

その話がどんな話だったのかというと、「あなたは、話を聞く達人になっていますか?」ということだったんです。

「話を聞く達人」はプレゼンの達人でもあり、できるビジネスマンの条件なんだ、という話でした。

伝える達人、受け取る達人

この話は私たちの会社の全社朝礼で、会長からあった話でした。

会長は、私たちのセミナー「リーダーに求められる3つの資質と7つの習慣(R)」の講師もしているのですが、とにかくありとあらゆるプレゼンテーションの勉強をしています。

気が付くと、北海道で1週間泊りがけの研修などに行っていた…なんてこともありました。。。

しかし、常に上を目指しており、「まだまだ伝える達人にはなれていない、、、」といつも言うのですが、その朝礼の時だけは少し様子がおかしかったのです。

どうおかしかったのかというと、「私は伝える達人ではないけど、社員であるみなさんは話を受け取る達人になろうとしていますか?」

と言い出したんです。。。

「受け取る達人?って何だ?」

プレゼンの達人になる近道とは…?

実は会長があるセミナーに行ってきた後だったようなのですが、そのセミナーは、プレゼンテーション力についてのモノだったようです。

プレゼンテーション力があるというのは、もちろん伝える達人ということなのですが、そういう人は話を受け取る達人でもある、というのがそのセミナーの内容だったようです。

まぁ、たしかに考えてみると、受け取る達人はすぐ行動が変わるから、行動の達人になり、どんどん伝える力も伸びていくから伝える達人になるのかもしれませんね。

伝える達人になれば、受け取る側は達人であろうが、凡人であろうが、話を聞いて、それを自らの仕事に置き換えることができる。

でも、心を動かし、自分事に置き換えさせるなんていうプレゼンを誰しもができるわけではない。(もちろんそういうカリスマ講師もいると思いますが…)

だから最も良いのは、話を聞く側も、受け取る達人になる努力をすること。

そして、プレゼンの達人になる一番の近道は、まず受け取る達人になること。

伝える方も凡人、受け取る方も凡人、だと最悪ですが、大抵の場合、プレゼンをする人というのは、それなりに伝える力があるケースが多いと思います。

でも受け取る側が、下手くそだったら、せっかくのプレゼンも意味をなさなくなってしまいます。

(そう、私がかつてそうだったように、、、)

だから上っ面の話だけ聞いて、使えるとか使えないとか、判断するんじゃなくて、どう自分の業務に取り入れるか?という風に話を聞けなかったら、いつまでたってもプレゼンテーション力は上がらない。と言われたんです。。。

で、私はこの話を聞いて、自分の過去を思い出し、本当に本当に恥ずかしい気持ちと、情けなさ、自分のダメさに気付いたのです。

そして、この朝礼から、自分を変えようと決意し、「ちかん力」を発揮し始めたのです。

あなたの会社の社員や部下は私のように、受け取る凡人になってしまっている人はいませんか?

もしくは、あなただけがとにかく一生懸命伝える達人になろうとしていませんか?

もしかすると私たちの会社の事例、私の経験から置換して、同じように、社員や部下を「受け取る達人」にする努力をすることで、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

以上です。

中村天大でした。

PS
先日、親知らずを初めて抜きました。実は、ものすごい角度で生えていて、抜くのが大変だと知ってから、4年間放置していたので、抜いた後の激痛と高熱で週末はダウンしていました。

親知らずは、早めに抜くことをお勧めいたします。。。

PPS

よければシェアください。よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
中村天大

中村天大

マーケティングDiv.サブマネージャー株式会社FCEトレーニング・カンパニー
株式会社FCEトレーニング・カンパニー、マーケティングDiv.サブマネージャー。トレマガ執筆者。茨城県牛久市出身。大学では半導体工学を専攻していたが、「自分はアインシュタインみたいな天才にはなれないし、自分が天才になるより、天才を見つけ、育てる方が価値あるんじゃないの!?」と思い、学部の9割以上の人が大学院に進学する中、、突如、教育業界に進路変更し、大学を卒業。社会人2年目でマネージャーへ昇進し、バリバリ働くが、働きすぎて身体を壊す。また、塾で子どもたちに「夢を描け!世界で活躍しろ!」と言っているが、「てゆーか、そもそも自分はどうなのよ?」、「まず、語れる自分にならなきゃなんじゃないの?」と思い、その後、FCEトレーニング・カンパニーへ転職。しかし、世の中は甘くなく、人材育成事業のコンサルティング営業職に就くが、元気と笑顔だけで生きてきたので、思ったようにお客様の成果に結びつけることができず…「お前、ここで死に物狂いになれなかったら、もう行くところないよ?」と、上司に言われ、マーケティングDiv.へ異動。おっちょこちょいで、超楽観的な性格から、「こんな感じでたぶんイケると思います(^^♪」という計画を、上司たちに木っ端微塵にされ、叱られながらも徐々に成長。。。言葉通り、死に物狂いで働き、勉強し、グループ内でジ・エンプロイー・オブ・ザ・イヤーを受賞。現在に至る。私にとっての働くをおもしろくするは、豊かな人生を送るために、おもしろく働く。おもしろく働くから成果が出る。成果が出るからプライベートも充実し、楽しい人生になる。
中村天大

最新記事 by 中村天大 (全て見る)

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-仕事力上げる
-, , , , , , , , , , , ,