トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる 生産性上げる

無駄な時間、無駄なコミュニケーションを避けるために…まずすべきことは◯◯◯◯。電話セールスがかかってきて学んだこと。

ff9b91e6c4638b7aa71ca9ee695d2feb_l

2016/09/28


聞いてください。

突然ですが、この前の日曜日、こんなことがあったんです。

「ぶるるっ」

携帯に電話に見知らぬ番号から、電話がかかってきたんです。

「なんだろう?だれだろう?」

と思って、

「はい、もしもし」と、出てみると、とある通信会社からの「営業電話」でした。

営業電話で20分もの時間を使ってしまいました…

話を聞いてみると、今、自宅で使っている公共料金が安くなる、新サービスの案内というもののようでした。

以前にやりとりをしたことのある業者さんでしたし、きちんとした信頼もある会社です。

「安くなるんだったら、まぁいいかもしれないな。」

と、そう思い、20分ほど、サービスの詳細や、契約について、設定の進め方など具体的な方法を聞きました。

すると、分かってきたのが、

「あまり手間もかからずに、いくつかの手続きだけで、

公共料金が安くなりそうだから、良いじゃないの!」

ということがわかってきたので、わたしも結構、乗り気になってきたのです!

で、いくらになるの?が大事

説明も終わり、いよいよ具体的な手続きに入ろうとしたところで、

最後に確認をしようと、こんな質問をしました。

「そうすると、実際にはいくらくらいになるんですか?」

すると電話の向こうからは

「はい、なんと料金が2900円になるので、2000円近くもお安くなります!」

と、勢いよく元気な返事!!

「…」

「…ん?」

「に、2900円?」

無駄な時間、無駄なコミュニケーションに激しく後悔…

わたしは、この時、強烈な後悔の念に襲われました…。

なぜなら、

実は、

いま、私が払っているその公共料金が、毎月「3000円」だったから、です。

思い込み

その業者さんは、こういう先入観があったんです。

わたしが住んでいるマンションのタイプであれば、

おそらく「毎月5000円くらいかかっているだろうな」と。

そういう思い込みがあり、電話をしてきたようです。

そして、わたしはわたしで、

「今より、安くなるらしい!」

という思い込みだけで話を聞いていたんです。

その後、

「す、すみません、実は…」

と、わたしが実際に使っている料金を伝えたときの、お互いの気まずい空気と言ったらありませんでした…。

先方も

「ぃよっしゃーー!契約ゲットーー!!」

と盛り上がっていたところです。

私も

「これは、もう契約しちゃうしかないでしょ!!」

と、ほぼ決めていたところです。

無駄な時間、無駄なコミュニケーションに反省…

「これでは、あまりメリットがないですね。申し訳ありません」

と、お互いに「すみません、すみません」と、謝りながら電話を切りました…。

とても感じも良く、一生懸命に良いサービスを提案してくれた彼に、

なんか申し訳ないな、という気持ちになりました。

最初に確認してれば、時間を無駄にせず済んだはず…

最初に

「実際に具体的にどのくらい安くなるのか?」

「いくらぐらいになるのか?」を確かめてから話を進めれば、

わたしも彼も、時間を無駄にせずに済んだのです。

「安くなる」

というぼんやりとしたものを追っていても、正しい現状把握を双方がしていないと、

「無駄な努力」を生んでしまうことがあります。

何かを人に提案する時には、相手のニーズだけでなく、

現状どうなのか?ということを確認する重要性を改めて感じました。

時間を無駄にしない、コミュニケーションを無駄にしないためには、正しい現状把握が必要

仕事でもそうですよね。

上司:「今、どんな状況?」

部下:「はい、いい感じです!」

上司:「おお、そうか!で、数字はどんな状況なの?」

部下:「ぇ、数字ですか?…ちょっと待ってくださいね。ぇーと、ぇーと。(1分後)◯◯です!」

上司:「って、おいおい!全然良くないじゃないか!(怒怒怒)」

みたいなことって日常でもあるあるかもしれないですね。

営業活動においても、

「このサービス、とても良いですよ」

だけではダメだし、相手の現状と目指すべき姿から考えなければいけない。

自分自身を振り返りよいきっかけになりました。

こんなお話が、あなたの「働くをおもしろくする」お役に立てれば嬉しいです。

以上です。

▼「職育」仕事を通じて、人を育てる。職場を育てる。
“働く”をおもしろくする研修が、あります。▼こちら↓↓
http://www.training-c.co.jp/

▼トレマガ執筆者紹介ページ▼
https://www.training-c.co.jp/mailmagazine/profile/

▼「トレマガの内容、活用してる!」「自分もこんなことあったよ!」
という方、ぜひ、トレマガのご感想、ご意見お聞かせください!▼
toremaga@training-c.co.jp

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

◆◇◆ 「働く」をモットおもしろく! トレマガ ◆◇◆

トレマガ編集・執筆責任者:中村 天大(なかむら てんだい)
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
連絡先:ml-info@training-c.co.jp

【当社プライバシーポリシーについてはこちら】
http://www.training-c.co.jp/privacy/
───────────────────────────────────

◆新たにご購読をご希望の場合は、下記よりメールアドレスを
ご登録ください。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
Copyright 2016 FCE Training Company. All rights reserved.
社内回覧、お知り合いへの転送は大歓迎です。全文、または一部の記事の無断転載はご遠慮ください。
※「7つの習慣(R)」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
※「7つの習慣(R)InnovativeMind研修」プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、FCJ社の監修のもと、研修、および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

The following two tabs change content below.
平井純

平井純

平井純

最新記事 by 平井純 (全て見る)

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-仕事力上げる, 生産性上げる
-, , , ,