トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

モチベーション上げる 仕事力上げる

「会議は減らせ」という世の中の風潮に 堂々と逆らって、会議の回数を2倍にしてみました!その結果は…?(FCE広報部)

af0150016851

2016/09/28


みなさま、こんにちは!
FCEトレーニング・カンパニー「トレマガ」編集担当、梶原淳司です。

今回は、FCEトレーニング・カンパニーを始め、FCEグループ全体の

広報を担当している梶原からお届けします。

今年は、FCEグループの広報の責任者として、

大きな目標を掲げました。

そして、世の中の「会議は減らせ」という風潮に

堂々と逆らって、会議の回数を2倍にしてみました!

な、なぜ!?

そして、結果は??

今日はそんな話をさせていただきます。

何とか達成できた昨年

私はFCEグループの広報の責任者として活動をしています。

昨年は月3件、年間36件のメディア露出を目標に活動しました。

そんな中、昨年8月から新規事業が立ち上がり、そのシステム運用の責任者も

兼務することになったため、自分の工数の6割くらいはそちらに割くこと

になったのです。。

でも、もがいて、もがいて、、、

最後の最後、色んなラッキーも重なり、なんとか37件、目標達成で着地!!

しかしながら、今年は何かを大きく変えないと、

数値を伸ばすどころか、もう1年同じことが出来るかどうか、、

まったく自信がないという感じでした。。

目標を2倍に

年始になり、とある部署が昨対5倍の目標を掲げて、

結果、昨対2倍で着地したという話を聞きました。

その部署の部門長はこう言っていました。

「大幅未達ですみませんでした。」

「ただ、大きな目標を掲げることで、既存の延長線上ではない、

様々なイノベーションが生まれました!」

「今年も、5倍の目標を掲げて活動します。

そして必ず達成します!」

…こ、これはスゴイ事だ、と驚きました。

昨対5倍は達成できなかったけど、(目標設定がクレイジー!?)

そこを目指した結果、今までのやり方を捨て、

昨対2倍に伸ばすことができた。

手を伸ばせば届く目標だと、イノベーションは起きない。

FCEグループのメディア露出も、

アグレッシブな目標を立てないと…!

と決意し、

そして、

私は決めました。

「倍やろう、昨年の倍、やる!やってやる!」

と。

そして、目標を2倍に設定

今年も去年に引き続き、一層システム運営に工数が

取られることが分かっていましたが、もう、

なんの根拠もなく、勢いで目標を2倍に設定しました!

FCEの年間メディア露出件数、

36件 ⇒ 72件です。

目標は決めたはいいものの、、

じゃあ、

どう行動を変えるか…

悩みました…

「んー…

2倍の目標でしょ。

じゃあ、PDCAを回す機会を2倍に増やそう!」

そう、そして、

私は単純に会議の数を倍にしました(笑)

その結果は…

…?

アクションが変わる

「日本は会議が多い!意味ない会議は減らせ!」

というのが今の風潮で、完全にそれに逆らった結果はどうなったのか?

どうなったかというと、

単純に月次の方針会議を1回から2回に

増やしただけなのですが、結果としては、

少しずつ変化が現れました。

・毎月平均で6件獲得するとかそういうんじゃなくて、
FCEグループの案件的に、
どの時期にどれだけ獲得するか、活動を集中しようよ

・会社の名刺だとメディアのアポが取りにくいから、
グループにある社団法人の名刺でアポを取ってみようよ

・AIinsideマーケティングの反応が良いから、
これから2週間、集中してメディアアプローチしてみようよ

(AIinsideマーケティングは手書きを読み取る新サービスです。
詳しくはバックナンバーURLをご確認ください)

FCEグループ、ついにAI(人工知能)に参入!

会議のたびに、

「今までの活動と違いを出す」

ということに集中して施策を実施していったおかげで、

成功の数も、そして失敗の数も、倍になっていったのです!

その結果・・・

なんだか目標が達成できそうな気がしています!

いや、目標達成します!

でも、、、

8月末時点で34件の露出と、まだ目標対比50%にも満たない

状況です。。残された期間はあと4か月しかありません。

はっきり言って、数値的に見れば惨敗中。

ただ、先日会議の資料を作る際にふと出してみた数値がこれ。

131%

ん?

131%!?

現時点での昨年対比です。

絶賛惨敗中ではありますが、

おそらく2倍の目標を掲げなければ、

良くても昨年とトントンか

それ以下にしかならなかっただろうな、と思うのです。

はっきり言ってこれから4か月、

まだまだ厳しい戦いが続きます。

でも、昨年とは違う、

新しい手法もたくさん生み出されてきました。

「大きな目標を掲げることで、イノベーションが起きる」

ということを今年は私自身が

自信を持って言い切れるよう、何が何でも達成します!

ちなみに、

これまでの活動結果は

FCEグループサイトからご覧いただけます。

これまでの戦いの軌跡、ぜひご覧いただけますと幸いです!

FCEグループサイト

http://www.fce-group.jp/archives/

■7つの習慣J

すみません!

ここまで来てなんですが、

最後に、少し宣伝させてください!

全国のべ16万8千人の生徒たちが受講している「7つの習慣J」

9月11日放送のテレビ東京日曜ビッグバラエティに取り上げられるかも?

お時間あれば、ご覧ください!

テレビ東京「日曜ビッグバラエティ」

http://www.tv-tokyo.co.jp/sun/

以上、梶原でした。

▼「職育」仕事を通じて、人を育てる。職場を育てる。
“働く”をおもしろくする研修が、あります。▼こちら↓↓
http://www.training-c.co.jp/

▼トレマガ執筆者紹介ページ▼
https://www.training-c.co.jp/mailmagazine/profile/

▼「トレマガの内容、活用してる!」「自分もこんなことあったよ!」
という方、ぜひ、トレマガのご感想、ご意見お聞かせください!▼
toremaga@training-c.co.jp

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

◆◇◆ 「働く」をモットおもしろく! トレマガ ◆◇◆

トレマガ編集・執筆責任者:中村 天大(なかむら てんだい)
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
連絡先:ml-info@training-c.co.jp

【当社プライバシーポリシーについてはこちら】
http://www.training-c.co.jp/privacy/
───────────────────────────────────

◆新たにご購読をご希望の場合は、下記よりメールアドレスを
ご登録ください。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
Copyright 2016 FCE Training Company. All rights reserved.
社内回覧、お知り合いへの転送は大歓迎です。全文、または一部の記事の無断転載はご遠慮ください。
※「7つの習慣(R)」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
※「7つの習慣(R)InnovativeMind研修」プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、FCJ社の監修のもと、研修、および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

The following two tabs change content below.
梶原 淳司

梶原 淳司

ブランド戦略室室長。トレマガ執筆者。FCEグループのブランディング活動を担当。FCEグループ
広島県広島市出身。天文部で星を眺めて過ごしていた学生時代、「3倍のスピードで成長できる」というたった一言のキャッチフレーズにひかれ、大手コンサルティング会社に入社。フランチャイズ本部の立ち上げ支援に従事。 FCEエデュケーションの立ち上げ期に出向し、その後転籍。現在に至る。 FCEグループのブランディング活動を通じ、WEBマーケティング・メディアへのPR活動・出版・イーラーニングシステム構築・各種販促物の作成などを行っていく中で、多くの人々と出会い、「一人で成し遂げることよりも、多くの人たちと成し遂げることの方が100倍の価値がある」と確信。世の中の頑張っている人たちの力を結集して日本を変えていきたい!という想いで日々邁進中。 親父ギャグや、いじられキャラをフル活用(?)し、FCEグループ内の組織風土醸成に貢献。 【ミッションステートメント】 前向きな思考と笑顔で、周りの人を元気にしよう 私たちが理念をもって作りだした事業・商品を、熱く、さわやかに、魅力的に世の中に伝えよう 集合天才を実現するためのニューロンになろう 「キラキラ」力で周囲の人々・周囲の組織・世の中の可能性を引き出す「きっかけ者」となる

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-モチベーション上げる, 仕事力上げる
-, , , , , ,