トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる 働くをおもしろくする 生産性上げる

「緊急ではないが重要なこと」に集中して取り組むことが効果性を高める

two business man. competitive . info graph.fast business.business leader

2017/02/09


「緊急ではないが重要なこと」に集中して取り組むことが効果性を高める

( 書籍『7つの習慣』より )

こんにちは、FCEの卯田です。

私たちの会社では、毎年、年末年始に 『7つの習慣』を課題図書として読んだうえで、そのレポートを提出することを毎年宿題としています。毎年、読むたびに得られる気づきが違うのですが、今回は、「時間管理」の原則について気づきがありました。

このパートでは、仕事の内容を4つの定義に分けています。

1、緊急、かつ重要なこと

・クレーム対応
・納期の差し迫った仕事
・事故
・売上があがらない場合、とにかく訪問しないといけない!(とくに私は営業マンなので)

など。

2、緊急ではないが重要なこと

・お客様へのお役立ちのアクション
・本を読み、知識見識を高める
・スポーツジムにいき、体を鍛える
・部下との対話の時間をしっかりと取る

など。

3、緊急だが重要ではない

・雑用
・急な電話

など。

4、緊急でも重要でもないこと

・意図なくインターネットサーフィン
・TVをぼーっとみてしまう

などです。

緊急かつ重要なことばかりしていると、緊急でも重要でもないことをしてしまう

私は、つい、「1の緊急かつ重要なこと」ばかりしてしまいます。そして、燃え尽き、疲れ果て、家につくと、「4の緊急でも重要でもないこと」に時間を費やしてしまっていました。1と4を繰り返し、結果、目標達成ができない状況がありました。

「予防・準備」に時間を割くことで、緊急なことへの対応が減ってくる

これでは、ダメで「2、重要で緊急ではないこと」つまり、「予防・準備」にあたることに優先的に時間を使うべきだと7つの習慣には記載がありました。「予防・準備」に時間を割くことで、緊急なことへの対応が減ってくる、ということが書いてありました。

書籍には、このような事例も記載がありました。あるショッピングセンターのマネージャーが「もし、常日頃から行っていれば、あなたの仕事の業績を著しく向上させる活動が一つあるとするならそれは何だろうか?」の問いをうけました。それは、「テナントの店長たちとの人間関係を築くこと」であったそうです。

しかし、実際には、勤務時間の5パーセントしか割けていないということも分かりました。報告書の提出、会議、電話、クレーム対応など、緊急なことばかり対応していることが要因でした。その後、20パーセントまで、その時間をとれるように改善をしたところ業績は劇的に向上したそうです。

私自身、2016年を振り返ってみると、まったく「予防・準備」に時間を使えてこなかったことに気が付きました。

なので、2017年は、

週に6時間は、営業活動には直接つながらないかもしれないが御客様にとって価値あるアクションを行う

週4回は30分運動を行うこと

1日1時間は、経営知識をインプットすることに取り組む

これらによって、より効果性が高いビジネスマンになれるよう取り組んでいきます!

以上、卯田泰基(うだたいき)でした。

 

▼「職育」仕事を通じて、人を育てる。職場を育てる。
“働く”をおもしろくする研修が、あります。
http://www.training-c.co.jp/

▼トレマガ執筆者紹介ページ▼
https://www.training-c.co.jp/mailmagazine/profile/

▼「トレマガの内容、活用してる!」「自分もこんなことあったよ!」
という方、ぜひ、トレマガのご感想、ご意見お聞かせください!▼
toremaga@training-c.co.jp

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

◆◇◆ 「働く」をモットおもしろく! トレマガ ◆◇◆

トレマガ編集・執筆責任者:中村 天大(なかむら てんだい)
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
連絡先:ml-info@training-c.co.jp

【当社プライバシーポリシーについてはこちら】
http://www.training-c.co.jp/privacy/
───────────────────────────────────

◆新たにご購読をご希望の場合は、下記よりメールアドレスを
ご登録ください。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
Copyright 2016 FCE Training Company. All rights reserved.
社内回覧、お知り合いへの転送は大歓迎です。全文、または一部の記事の無断転載はご遠慮ください。
※「7つの習慣(R)」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
※「7つの習慣(R)InnovativeMind研修」プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、FCJ社の監修のもと、研修、および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

The following two tabs change content below.
卯田泰基

卯田泰基

FCEトレーニング・カンパニー組織デザイナー。 千葉県蘇我生まれ。 実家での自営業の大変さをみて育ち、秘かに公務員になることを決意。 しかし、大学3年生の時に家業が倒産し、この時、自身の考えが大きく変わり、「自分がビジネスで一旗揚げよう」と思い、FCEグループに入社。 新卒で福岡支店に配属され、活躍しようと懸命に努力したが、自分の食いぶちすら稼げず、東京転勤を命じられる。 失意の中、会社からチャンスを与えてもらい、新規事業室(現FCEトレーニング・カンパニー)で、またここでも懸命に努力する。しかし…ここでも成果が上がらず。 上司から叱られ続けるため「いかに叱られないようにするか?」という悪い仕事の仕方を無意識にマスターしかけてしまう…… しかし、そんな私に全力の愛をもって叱ってくれる尊敬する鬼上司に恵まれ、上司から、 「やらなくて叱られる、よりも、やって叱られることに価値があるんだ」という一言で目覚める。 持ち前の行動量と、豊富な失敗体験を武器に徐々に成果を上げ始める。 素晴らしいお客様に恵まれるという強運と、魅力的な講師陣に支えられ、ついに2015年、FCEグループでセールスマンオブザイヤーに選ばれる。 今後は、研修業界で日本ナンバーワンの営業マンになるべく奮闘中。 妻に内緒で、へそくりで高額な研修に参加をして怒られる…ということでグループ内では有名。 2016年の私のテーマ ・正しい知識見識をもったコンサルタントになる ・自身が支援をした企業は必ず成長いただく ・顧客にも自身にもガチンコで向かう

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-仕事力上げる, 働くをおもしろくする, 生産性上げる
-, , , , , ,