トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる

置換力の上げ方

up_comp


「置換力を上げるには、一体どうしたらいいんだ…」

最近、自分の力不足をとても感じています。。。

前回のトレマガでも、社長と自分の力の差が分かり過ぎてへこんだということを書きました。自分の力不足を認識することができて、先日の朝礼でも置換力を発揮しようと思ってはりきって朝礼に参加したのですが、、、幹部たちには申し訳ないほどに気付きが少なかったのです。

「こんな自分、最悪や、、、」

そう思ったのですが、先日上司に置換力の高め方を教えてもらい、そもそも◯◯がなかったから自分は置換力が低かったのか!という衝撃が走りました!

今日のトレマガは、、すごいはずです!もとい、すごいです!上司に教えてもらった、置換力の上げ方をシェアいたします。

 

悩みを打ち明ける

冒頭お伝えした通り、最近の私は、自身の置換力の無さに悩み、どんなに意識しても、なかなか置換をできずにいた私は、7つの習慣講師であり、私の上司の一人でもある石井に悩みを打ち明けました。。すると、石井は置換力についていろいろと教えてくれました。

石井が言うには、「置換するとはシナジーを起こす」ということなんだそうです。朝礼や研修、本などでインプットした事実・データと、そこから想像される仮説、そして今の自分の仕事内容や、自分のお客様、直面している課題や悩みとの組み合わせにより新しい発想を生み出す力。これこそが置換力なんだそうです。つまりシナジーを創り出す、ということなんだそうです。

「なるほど、、、むむむ、、、」

すごいアドバイスをもらえたのですが、正直、、レベルが高くて私はひるんでしまいました。。

しかし、最後に石井がサラッと言った一言が私に衝撃を与えることになったのです。

その一言とは、こんな言葉でした。

 

「まぁ、悩みが多いと、自然と置換力は発揮されるよね」

 

悩みこそが、置換力を発揮させる

私はしばらくこの言葉を何度も何度も頭の中で反芻しました。

 

、、、悩みが多いと置換力が上がる。

、、、悩みが多いと置換力が上がる?

、、、悩みが多いと置換力が上がる!

 

ここで気付いたことで、私はその後の置換力を上げるヒントを得ることができました。

私、、、正直、今、この文章を書きながらとても興奮しています。興奮していますが、一旦落ち着いて整理してお伝えすると、私は、そもそも置換力を上げようとしていたこと自体が間違っていたのです。どういうことかというと、当たり前のことなのですが、置換力を発揮するのは、課題解決をするためです。

今、自分が直面している課題や悩み、達成したい目標があって、それをクリアするため、そのヒントを得るために、読書や研修などの情報のインプットがあります。この時、一見自分が置かれている環境とは異なる事象から、その本質を見抜いて、「これは自分の業界や自分の仕事だったら…」と置き換えてヒントを得る力が置換力なんです。

つまり置換力を発揮する目的は、課題解決のためであり、課題解決のために必要な力の一つが置換力だということに今更ながら気付いたのです。

 

置換力が高い人はできるビジネスマンであり、できるビジネスマンは、置換力が高い。

だから私は、この置換力を高めたいと思いました。

でも、そもそも、私は課題意識が低かったから、置換力が低かったんです。

 

課題意識が置換力を上げる

そういう視点で、周りを見渡してみると、置換力が高い人というのは、目標達成意欲が高く、その目標を達成させるために普段から課題意識や悩みが多い人ばかりだったのです。置換力に役職は関係ないですが、普段からそういう姿勢でいるので、置換力が高い人たちは自然と会社の中でも役職は上がっていきます。

私が足りないのはここだったと気付きました。

「できるビジネスマンになるために置換力を上げよう、というのはずれていたんだなー、、」

とまたへこんでしまいましたが、とても大きな気づきでした。そして、自分のビジネスに対する姿勢の甘さを認識し、目標達成意識と、課題意識をグッと上げることにしました。

すると、「どんな些細なことからでもいいからヒントはないか?」というアンテナが立ちました。まず、これが置換力を高めるために大事なことだということが分かりました。

普段の仕事の姿勢を見直すことで置換力をぐんと上げて、今の仕事の目標を達成させます!

 

まとめ

置換力を発揮する目的は、課題解決のためであり、課題解決のために必要な力の一つが置換力。今、自分が直面している課題や悩み、達成したい目標があって、それをクリアするため、そのヒントを得るために、読書や研修などの情報のインプットがあるのです。

今回の私の気付き、体験があなたとあなたのチームの働くをおもしろくするヒントになれば幸いです。

以上、天大(てんだい)でした。

 

▼「職育」仕事を通じて、人を育てる。職場を育てる。“働く”をおもしろくする研修が、あります。

http://www.training-c.co.jp/

▼トレマガ執筆者紹介ページ▼
https://www.training-c.co.jp/mailmagazine/profile/

▼「トレマガの内容、活用してる!」「自分もこんなことあったよ!」という方、ぜひ、トレマガのご感想、ご意見お聞かせください!▼
toremaga@training-c.co.jp

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

◆◇◆ 「働く」をモットおもしろく! トレマガ ◆◇◆

トレマガ編集・執筆責任者:中村 天大(なかむら てんだい)
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
連絡先:ml-info@training-c.co.jp

【当社プライバシーポリシーについてはこちら】
http://www.training-c.co.jp/privacy/
───────────────────────────────────

◆新たにご購読をご希望の場合は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
Copyright 2016 FCE Training Company. All rights reserved.
社内回覧、お知り合いへの転送は大歓迎です。全文、または一部の記事の無断転載はご遠慮ください。
※「7つの習慣(R)」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
※「7つの習慣(R)InnovativeMind研修」プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、FCJ社の監修のもと、研修、および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

The following two tabs change content below.
中村天大

中村天大

マーケティングDiv.サブマネージャー株式会社FCEトレーニング・カンパニー
株式会社FCEトレーニング・カンパニー、マーケティングDiv.サブマネージャー。トレマガ執筆者。茨城県牛久市出身。大学では半導体工学を専攻していたが、「自分はアインシュタインみたいな天才にはなれないし、自分が天才になるより、天才を見つけ、育てる方が価値あるんじゃないの!?」と思い、学部の9割以上の人が大学院に進学する中、、突如、教育業界に進路変更し、大学を卒業。社会人2年目でマネージャーへ昇進し、バリバリ働くが、働きすぎて身体を壊す。また、塾で子どもたちに「夢を描け!世界で活躍しろ!」と言っているが、「てゆーか、そもそも自分はどうなのよ?」、「まず、語れる自分にならなきゃなんじゃないの?」と思い、その後、FCEトレーニング・カンパニーへ転職。しかし、世の中は甘くなく、人材育成事業のコンサルティング営業職に就くが、元気と笑顔だけで生きてきたので、思ったようにお客様の成果に結びつけることができず…「お前、ここで死に物狂いになれなかったら、もう行くところないよ?」と、上司に言われ、マーケティングDiv.へ異動。おっちょこちょいで、超楽観的な性格から、「こんな感じでたぶんイケると思います(^^♪」という計画を、上司たちに木っ端微塵にされ、叱られながらも徐々に成長。。。言葉通り、死に物狂いで働き、勉強し、グループ内でジ・エンプロイー・オブ・ザ・イヤーを受賞。現在に至る。私にとっての働くをおもしろくするは、豊かな人生を送るために、おもしろく働く。おもしろく働くから成果が出る。成果が出るからプライベートも充実し、楽しい人生になる。
中村天大

最新記事 by 中村天大 (全て見る)

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-仕事力上げる
-, , , , ,