トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

働くをおもしろくする

「逆算思考」の落とし穴

coffee-2608864_640


あなたは「逆算思考」という言葉を聞いたことはありますか?

逆算思考とは、ゴール(目標)を先に想定し、到達するために今やるべきことはなにか、どのように進めて行くかを逆算してプランを考える方法。
 
私たちは、目標達成PDCAのトレーニングの中で、このようにお伝えしています。
 
「逆算思考は、目標達成に有効なPLAN設計の考え方ですよ」
 
目標に対して、「現状からの積み上げでどれだけできるか?」という思考ではありません。
 
つまり、目標から逆算して、考えることで、達成のためのPLANが作れるということなんです。
 
ですが、、、
 
実は「なんちゃって逆算思考」なるパターンというのがあります。

なんちゃって逆算思考

「なんちゃって逆算思考ってなに…!?」と、思われた方もいらっしゃいますよね。
 
たとえば「月末までに目標を達成したい」とします。

月初に逆算思考で考え、月末の30日に目標達成するには、このように考えていきますよね。

「20日までには、ここまで進めよう。」

「15日までには、ここまで進めよう。」

「10日までにはここまで進めよう。」
 
 …一見、これでいいように見えます。

しかし実は、ここで終わってしまうパターンを「なんちゃって逆算思考」といいます。

落とし穴は…

この場合、こう考えませんか?

「よし、10日までにここまで行けばいい!明日から、頑張ろう!」
 
こうやって計画をスタートさせると、どうなってしまうでしょうか?
 
結局、10日になってもこのような結果になってしまいます。
 
「あれ、全然思ったように進まなかったな・・。」
 
「ここから挽回しないといけないけど、時間がない。…どうしよう。」

これは、逆算思考のようで、実は中途半端。

そう、逆算思考のコツは「今日の行動まで」目標から逆算することです。

目標を達成するための行動を「今日」まさにその日の行動に至るまで、逆算して、ブレイクダウンする。
 
ここまでやって、初めて効果のある「逆算型PLAN」になります。

目標達成のために、ぜひ、「今日」の行動を決めるところまで粘り強く、具体的に逆算してみてくださいね。

荻野純子でした。

The following two tabs change content below.
荻野純子

荻野純子

株式会社FCEトレーニング・カンパニー 代表取締役社長  『xDrive 質問でPDCAは加速する』 著者 大手人材ビジネス会社での営業経験、キャリアコンサルタント経験を経て、一部上場企業の社内人財育成を担当。2010年、FCEトレーニング・カンパニーの事業立ち上げに携わり、研修事業のメイントレーナーとして、年間277研修、トレーニング を担当。2016年取締役、2018年代表取締役社長就任。

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-働くをおもしろくする