トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

働くをおもしろくする

逆境でも前進する人の思考とは?

achieve-1822503_1920

2020/06/26


こんにちは、FCEトレーニング・カンパニ-の大野です。

ウィズコロナ時代となり、今までの常識や価値観が変わり始めていますね。

正直、私も取り巻く環境の変化についていくことで手一杯…内心では「コロナだしな…」なんて、思ったこともあります。

営業として、数字を追いかけている皆さんなら、一度は心をよぎったのではないでしょうか?

「ハードルは目の前ではなく、諦めることにある」

コロナになり、研修事業を行っている弊社は、非常に厳しい状態になりました。

集合型の研修は中止になり、かなりの数の研修がリスケに…

今までのような、対面での営業・セミナーもできなくなりかなり苦しい状況になりました。

厳しい状態になっても、前進し続けているメンバーもいるのに…

「こんな状況だし、目標達成厳しいよ」と、つぶやいた晩もありました。

「う~」と唸りながら、自分のノートをペラペラとめくっていると、ノートの片隅に書いてあった、ある言葉が目に入ってきたんです。

「ハードルは目の前ではなく、諦めることにある」

と、ノートの片隅に私の字で書かれていました。

そこで、ハッとしたんです。

「ハードルは、外部要因だけではない」

もしかしたら、コロナのせいにして、粘り強く最後まで考え、考え抜くことをあきらめてしまったんじゃないか…。

「コロナ」という外的要因のせいにして、あきらめようとした「自分の弱さ」こそが、目標達成を阻むハードルなんだ、と。

考えてみて、100点の答えなんて分からなくても、粘り強く考え抜いて、執念で行動し続ける!

という考え方や在り方でいることが、壁を乗り越える勇気になります。

本当のハードルはなんだろうか?

「ハードルは目の前ではなく、諦めることにある」

私はこの言葉を毎日、目に留まるノートの目立つところに書き記しました。

なぜなら、この言葉を知っただけでは、ードルは乗り越えられないから。

今日も私はこの言葉に、自分を奮い立たせています。仕事に魔法はありません。

ですが、考えに考えぬいて、行動したその先にミラクルは起こる。

私はそう考えています。

もし、あなたが、大きなハードルを感じているなら、あなたのチームが、壁にぶちあたっているなら、本当のハードルはなんだろう?」と、問いかけ直してみてはいかがでしょうか?

壁を突破した先に、光がみえるはずです!

私たちも、まだまだ頑張り続けています!
(正念場、といっても過言ではありません。)

ぜひ一緒に、目の前のハードルを解除していきましょう!

FCEトレーニング・カンパニー大野でした!

The following two tabs change content below.

トレマガ編集部

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-働くをおもしろくする