トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

働くをおもしろくする

褒められ効果

kawin-harasai-2Ev2aUB8NJI-unsplash


こんにちは、愛知県出身、手羽先大好き西川瑠理です。

皆さん、「誰かに毎日褒められること」ってありますか?

私の記憶では、毎日褒められることは子供の頃を除いてなかったように思います。

弊社の朝礼では毎日役員の方が社員1人を褒めて、褒められた人が次の人を褒めるを全員回るまで行っているんです。

毎日、誰かを褒めて、誰かに必ず褒めていただける朝礼です!

私は入社3ヶ月半が経ったところなので、最初は褒めていただいても「そんなことない」「私はそんなできた人間じゃない」褒められる自分を否定していました。

ただ、褒められることは嬉しくてやる気アップ繋がっていました!

そして最近、この「褒められ効果」感じたことがあります!

褒められ効果を実感!

思ったように仕事の効率が上がらないなと感じていたとき…

ふと、褒められた言葉が頭に浮かびました。

「責任感を持って、自分で仕事を取りに行く姿勢が素晴らしい」

この言葉を思い出したことで、目の前の困難や課題も、きっと、乗り越えられるはず!と、思えたのです。

これまでは、褒められても「そんなことないのに」と思っていました。

ですが、褒められた自分も確かに自分自身の一部。

いつも褒められる自分ではないけれど、「褒められたところ」自分の一部なんだと考えて、そんな自分を信じて動いてみよう!

たとえ褒められたのが「たまたま」であっても、そういう自分がいる、その自分を引き出してみよう!

こんなふうに、「褒められた自分」を大切に、信じてみること!

そうすると、どんよりした気持ちが晴れていきました。

そして、褒めてもらえた時にどんなマインドで、どんな取り組みをしたかを考えて、今の状態を改善しよう、見つめ直そうと次の行動に移すこともできたのです。

「褒められた自分」が、そっと手を差し伸べてくれた

仕事をしていると必ず壁が立ちはだかったり、思ってもみないところでつまづいたりします。

でも、壁にぶち当たったとき、どれだけ早く立ち上がれるか、そして、どう立ち上がるかで、次が変わるんじゃないかなと思っています。

私は、立ち上がるとき、「褒められた自分」そっと手を差し伸べて、助けてくれました。

そして、もしかすると…自分が褒めた言葉が、そっと誰かを助ける瞬間が来るかもしれません。

これからも「褒められた自分」より伸ばし、時には目標にして、壁を乗り越えていきます。

「褒められること」「褒めること」とても素敵な朝礼だと自社ながらに思っています。

以上、西川でした。

PS.

家庭菜園で育てた野菜は日照時間が短いながらもすくすく成長し、食卓に栄養とおいしさを届けてくれています。

草むしりは大変ですが、土を触ると癒されています。

The following two tabs change content below.

トレマガ編集部

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-働くをおもしろくする