トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

働くをおもしろくする

影響の輪に集中!!

anthony-tran-3B6RfJQKBEM-unsplash

2020/10/06


最近は涼しくなり、外で子供とピクニックを楽しんでいます。

FCEトレーニング・カンパニーの西川 瑠理です。

以前「スケジューリング」が課題と宣言しておりました!

さて、1ヶ月でどう変わったでしょうか。

一番変わったこと。

それは、

常に念頭に「決めた時間の中でパフォーマンス高く仕事するにはどうしたらいいか?」と自分が決めた課題に向き合えたこと。

ではないかな、と思います。

これは自分の中でいいトレマガ効果を得ていると思いますので、継続したいと思います。

スケジューリングに取り組んでみて

では、スケジューリングについてお話ししたいと思います。

この課題と向き合っていく中で、無駄な時間を発見しました。

それは、関心の輪に囚われている時間です。

「7つの習慣(R)」研修を受けたことがある方はご存じかと思います。「関心の輪」は自分の力では変えられない事柄が気になることです。

たとえば、明日は旅行だからと晴れにするには、どうしたらいいか…と考えているようなもの。

天気は自分の力ではどうしようもない、影響を与えることができないこと。

これは「関心の輪」に入ります。

仕事をしている中でも、疑問点が出たり、問題が起きたとき、先輩や上司の方に相談をするとします。

でも、先輩や上司は会議やお客様対応をしていて、なかなかすぐには返答をいただけない…ということもありますよね。

そんなとき、返事が来るまでじっと待つ…

なんてことはありませんが、どこか気にしてしまっていて、違う業務を行いながらもそのことが気になって集中できない。

特に新しい仕事を行うときにはこういった時間が多くなる傾向がありました。

その理由は「不安」だからです。

でも、この時間を不安だから…と、いくら考えてもなにも変えられない。

答えは出ないのです。

だったら、自分が出来ることに集中する方がいい。

頭ではわかっていても、この待っている時間が不安で過ぎてしまっていました。

そこで自分に聞くようにしました。

「緊急性はないか」

「確認漏れはないか」

「リミットはいつか」

今、必要なことを実施できていると確認し、リミットを決めて、それまでは他の業務に集中する。

影響の輪に集中します。

自分が影響を与えることができることが「影響の輪」。私の場合は、初めてのことやイレギュラーなことがあるとここに陥りやすいです。

相談した内容のことは決めたリミットまでは、切り離して置いておくことにして、リミットまでは影響の輪にある仕事に集中するのです。

「『影響の輪』に集中する」

この言葉は、止まっている自分がいると自分を動かす呪文のように、頭に浮かぶようになりました。

無駄な時間が、少しは削減できたと思います。

育児でも、影響の輪に集中してみたら…

そして、これは私生活にもいい影響がありました。

それは、子供への声かけをするとき。

「お風呂に入ろう!」

と言って素直に入ってくれればいいのですが、そうはいかないのが子供です。

これまで何度も声をかけ、それでもだめだとイライラしてしまっていました。

でも、自分の影響の輪はどこまでか?を意識するようになり、こんな風に伝える様にしました。

「ママは今からお風呂に入るね、一緒に入る人は来てね」

子供がこの瞬間、入るか入らないかは私は決められない。

声掛けによって影響を与えることはできても、決定権は子供自身であるため「関心の輪」の中です。

そう考えると気持ちは楽になり「影響の輪」のことはやった、後は「関心の輪」とイライラすることもなくなりました。

もし、入ってこなかったら、どうするかを「影響の輪」の中を考えます。

育児でも活かせるポイントがまだまだありそうです。

次回も引き続き「決めた時間の中でパフォーマンス高く仕事する!」が課題です!

第二弾をお送りできる様に過ごしたいと思います。
PS
秋の畑ではネギと大根がすくすく成長してくれています!

今から名古屋名物の赤から鍋で食べるのが楽しみです。

The following two tabs change content below.

トレマガ編集部

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-働くをおもしろくする