トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

働くをおもしろくする

1つ上のステージで仕事をする

christina-wocintechchat-com-VpcgTEKerEQ-unsplash


こんにちは!!最近炭酸水作りにハマっているFCEトレーニング・カンパニ-の橋立です。

さて、突然ですが皆さんは、仕事でうれし涙を流したことはありますか?

先日の期初会議で、私は人生で初めて、仕事でうれし涙を流しました。

あまり感情が表にでるタイプではないので、自分でも正直驚きです…

なぜ、期初会議で、うれし涙と流したのか?今日は、そのことをお伝えします。

1年前の約束

それはある1年前の約束を思い出したためです。

それは「マーケティング部門のリーダーになる」という約束。

ちょうど1年前に、私は上司に

「1年後にどんな姿になっていたいのか?」

と聞かれました。

その質問に、

「1年後にマーケティング部門のリーダーになります」

と答えたのです。

当時未経験で、マーケティングに配属された私にとって、この発言はかなり勇気のいるものでした。

そんな右も左もわからなかった私が1年前にした約束を達成することができたこと。

期初会議の振り返りを発表する際に、そのことにふと気づき、突然と涙があふれてきてしまったのです。

では、なぜ私は未経験の中、1年間で自分のステージを上げることができたのか?

いろいろ振り返った結果、このスタンスが大きな影響を与えたのではないかとおもいました。

それは、

「1年前から自分がリーダーと思い働いていた」

ということ。

自分がリーダーだと思って働くことのパワー

今振り返ると、私は自分が「リーダー」であると思い、1年間働いていました。

「未経験なのにリーダー!?」

そんなことを思う人もいるかもしれませんが、思うだけは「タダ」でした。

「誰よりもマーケティングについて詳しくならないと」

「私が率先してチームを引っ張らないと」

「会社の目標達成のために何ができるのか」

自分がリーダーだと思うと、考え方や自分が選択する行動も変わったのです。

その想いで走り続けた結果、気づいたら自分の成長角度を高め、ステージを上げることができたと思っています。

これは新卒や入社歴の浅い人にも言えることだと思います。

「私はまだ新卒だから」

「私は入社歴が浅いから」

「私は未経験だから」

そんな思いが自分の成長角度を邪魔することもあると思います。

そうではなく「1つの上のステージで働くこと」これは、新卒も未経験も関係なく、
皆ができることです。

もちろん、最初は理想と現実のGAPに押しつぶされることもあるかもしれません。ただこのスタンスを
持ち続けることで、自分の成長角度を高め、そして、自分の働き方を変えます。

ぜひ、自分で自分の成長角度を高めてみてください。

きっと1年後に、想像以上に成長した自分に出会えます!
(嬉し涙も流せるかもしれません)

以上、橋立でした。

PS
ちなみに「ソーダ―ストリーム」という機械で水から炭酸水が作れます。

家でメロンソーダも作れるようです。今週挑戦します!

The following two tabs change content below.

トレマガ編集部

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-働くをおもしろくする