トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

働くをおもしろくする

雑談するな!から雑談ウェルカムの時代に!

matthew-henry-kZzYRiZcwTw-unsplash

2020/11/17


皆さんは、普段、雑談をどれぐらいしてますか?

こんにちは、FCEトレーニング・カンパニーの江口です。

雑談とは、「特にテーマを定めないで気楽に会話すること」

目的のないダラダラしたくだらない話「そんなものはいらない!」という人もいるでしょう。私も正直、「別にそんなのは、、、」と思ってました。

ただ、この間、とある経験をし、この雑談がめちゃくちゃ好きだった自分に気づかされたのです。

社内交流会、駆け込み寺

先月末の話になりますが、「社内交流会、駆け込み寺」なるものに参加しました。

実は、うちのグループでは、10月から社内のメンバー同士で、ランチタイム、ディナータイムに交流することに対して、インセンティブが発生するようになったのです。

「駆け込み寺」とは…

そう、このインセンティブを月末なのに使ってない人向けに、とてもとても優しいグループの人事が「このZoomに入ったらギリギリ交流できるよ!」と設定してくれたもの。

月末でバタバタしてましたが、貧乏性なのか、インセンティブがあるのに、しかも、ハードルが高くないのに、使わないなんてと、私も急遽、参加しました。

ガチで、雑談を

FCEグループのメンバーの同士達がそこにいました。(※私以外の皆さんはもちろん交流を目的に集まっています)

同じグループにいながら、ほぼ普段の業務で関わりがないメンバー同士、ガチの雑談をして過ごしました!

巨人が勝ったら優勝だね!とか、ダイエットのために、これ食べてます!とか本当に、他愛のないことを(笑)

うちの会社では、45分間参加するとインセンティブ制度の条件として満たされるので私は45分だけ参加して退出しました。

実は、予定があったので、抜けなくてはならなかったものの、内心、もっと参加したかったなと…そして「たまの雑談、最高!」ということに気づかされました!

あるコーチがこんなふうに言ってました。

「どれだけ視点の数を増やすことができるか」

「それが人の気持ちがわかったりするために必要なポイントだ」

と。

コロナになって、リモートになってある程度生産性高く、意味のある仕事ばかりできるような環境になりました。

でも、それによって視点が狭まってるなぁと反省。

何よりもリラックスでき息抜きになりましたし、なんとなく行き詰まりを感じていた仕事や考えが少しすっきりして、新たな発見があったり。

たまには知らない人と適当な話をするっていうこともやっぱり意味がありますね。

そう考えると弊社のオンライントレーニングに参加し、違う会社の人と話ができる機会。これが、多くの方に喜ばれている理由にも納得できます!

さあ、今日は誰と雑談しようかな???

以上、江口でした!

PS
リモートとリアルのハイブリット勤務で、週に2回ほど会社にいきますが、会社での雑談、たまには良いもんですね!

The following two tabs change content below.

トレマガ編集部

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して登録する。

-働くをおもしろくする