Smart Boardingが日本の人事部「HRアワード」にノミネートされました

FCEトレーニング・カンパニーの提供する、
オンボーディングサポートサービス「Smart Boarding」が、
日ごろからご活用いただいている皆様のおかげで、日本の人事部主催、厚生労働省が後援する
「HRアワード2018 プロフェッショナル部門」にて
およそ321点の応募の中からプロフェッショナル部門23社にノミネートされました。

【HRアワードについて】

日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野における
イノベーターを表彰する、表彰制度。素晴らしい成果を残した
企業人事部やHRビジネス企業、人事担当者にとって有益だと評価されている
書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、
人フィールドの活性化を実現することを目的としています。

http://hr-award.jp/

【今後のスケジュール】

今回の「HRアワード2018」においては、応募数約321点の中から、
54点の入賞が選出されています。
部門賞・最優秀賞は最終投票の結果、10月中旬に発表される予定です。
日頃応援いただいている皆さまの「投票」によって選出されます。
全54の企業様の、素晴らしい人事領域の取組もご覧いただき、
よろしければぜひご投票もお願いいたします。

http://hr-award.jp/vote.html

【Smart Boardingについて】

以下の内容を評価いただきノミネートいただきました。

4 プロフェッショナル部門
(4) 株式会社FCEトレーニング・カンパニー:
採用したメンバーを早期離職させず、才能発揮への道を作る
日本初オンボーディングサポートサービス「Smart Boarding」

http://hr-award.jp/vote.html

「Smart Boarding」は社内教育に関わる全てを一元管理し、
中途社員をはじめとする新人の即戦力化サポートと、
人事・教育業務の効率化を実現する、国内初オンボーディングサポートサービスだ。

現在、転職市場の活性化に伴い
「新人のスムーズな合流・戦力化=オンボーディング」にかける
企業内の教育工数・人事に求められる役割は次々と増えている。
Smart Boardingは、そのプロセスにおいて必要な、
教育の「構築」「コンテンツ」「運用」に関わる全てをサポートし、
教育の生産性向上を実現する。

現在は、教育プログラム構築、500コンテンツ以上のe-learning、
動画、PPT、テストなどを使った自社オリジナル教材作成、
などの機能を一つのシステム上で利用可能。定額制研修や
福利厚生サービスも利用可能となっており、
今後は、評価データや採用時データなど、社内にある人事データとの連携機能の実装を予定している。

https://www.training-c.co.jp/smartboarding/​


今後もより良いサービス提供・向上を目指してまいります。
​引き続き何卒よろしくお願いいたします。