「中途だから」と育成を後回しにしていませんか? 中途社員の育成時間を1/4、戦力化のスピードを3倍に。 smartboarding説明会

開催日

2017.08.24(木)  17:00 ~ 20:00

開催地域

東京都

「中途社員だから…」の一言で、教育を後回しにしていませんか?


「入ってよかった」会社をつくる
クラウド型 オンボーディングサポートサービス 『SmartBoarding』の説明会


成長企業だからこそ、起こる問題…「中途社員育成の後回し」
あなたの会社でもこんなこと、起こっていませんか?

~成長企業の経営者・人事責任者~

採用 会社を急成長させる「即戦力」をやっと採用できた!(コストはかかったけど)

入社 「育成」に余計な時間をかけるよりも、すぐ現場に出てもらおう

入社後 思ったよりも成果が出ていない?ちゃんと時間をとって教えるか

でも、やっぱり忙しい…

「即戦力」だと思ったけど、見当外れだったかな…



~中途入社社員~

採用 自分の「能力」を発揮し「即戦力」になれる環境で働きたい!

入社 自分は「即戦力」だから、すぐに現場に出て成果をだそう

入社後 思ったよりも成果が出ない…。もう少し色々教わりたいけど聞きづらいな…

やる気はあるのに…ちょっとこの会社サポートが少なすぎないか?

期待されて入ったけど、この会社とは合わないのかな…



こんな中途社員育成の後回し、を構築支援と運用の仕組み(クラウド)で解決し、
中途社員のスムーズな合流=オンボーディングをサポートします!



▽SERVICE▽

『育成に費やす時間は1/4に。戦力化のスピード3倍に』

『教育の「構築」も「コンテンツ」も「運用」も。そのすべてを1クリックで』

『忙しい「ベンチャーの人事部」が発案したサポートサービス』

『一元管理で効率化をサポート』

『中途社員育成はもちろん、新卒社員や新任リーダー育成・ノウハウ共有・企業カルチャー醸成にも使えます』

『教育の構築・コンテンツ・運用。あなたの会社の環境・状況にあわせた使い方ができます』


  300以上のVTR・テスト・レポートコンテンツが全て無料

  自社コンテンツも簡単作成ファイル共有・テスト作成も可能

  「他社交流型」定額制研修サービスも活用可能





▽お客様の声▽

【3カ月で70社が導入】


「個々人に頼っていた」

創業期は、みんな最初は個々人に頼っていましたね。
縁故採用も多かったので、問題なく何も指示しなくても、みんなバリバリ新しいこと見つけてきて仕事するという環境でした。

「本格採用スタート。ついてこれないメンバーが出てきた」

人をもっともっと拡大していこうとなったときに、純粋に縁故じゃない採用も始まってきて、
若いメンバーとか、社会人経験短いメンバーもどんどん増えてきたときに、ついてこれないメンバーが何人か出てきたんです。
僕たちも「感覚」でやってきたことなので、体系化ができていなくて。
それで「あれ?やばいな」と思い始めて、教育制度をちゃんとつくらなきゃね、と話しはしていました。

でも、僕らもむちゃくちゃ忙しかったので、途中で合流してきた社員の「育成」が大事だとわかっていても、
ずっと後回しにしていたんですよね。

でも、後回しにしているうちに、会社の状態も雰囲気がすごく悪くなってしまったんです。
働きがいなんて、言えないような状況でした。
それまでは一人一人の個の力で伸びてこれたけど、途中で合流してきた社員をちゃんと「育成」しないと駄目だったんですよね。

「OJTはやっていた。でも、本格的な育成は“後回し”」

もちろん僕らもOJT、OJTとはずっと言ってたんですよ。
「ベンチャーなんだし、先輩の横について自分で学べよ」とよく言ってたんですが、
もう無理だな(笑)本当にもうそう感じました。

そこで、育成に対する時間を経営陣を筆頭にとるようにしました。
でも、それはすごくジレンマがあって。
育成の時間をとる分、今までトップランナーで走ってきたみんなが同じパフォーマンスが出せない。
育成しても、すぐにはパフォーマンスに返ってこないじゃないですか。

かといって、そのまま後回しにすると、
新しいメンバーは「なんにも教えてくれないじゃないですか」になっちゃうんですよね。
そういう時期を経て、中途社員に対して、何をどう最初に学んでいけばいいのかフォローをもらいながら
SmartBoardingを導入しました。

「育成に費やす時間は1/4に。戦力化は3倍くらいのスピードに」

僕たちの会社で言えば、経営陣が育成に費やす時間は25%くらいに減りました。
でも今の育成ステップで、戦力化は3倍くらいのスピードで進んでいると思います。
時間がたてばたつほど、どんどん効率よくなっていくイメージがありますね。

「教えてほしい」という欲求がある
これは、実際にうちの新人が言っていたことなんですけど、
「自分はあまり教えてもらってない」という負い目があったと、何人かに言われました。
最近の合流メンバーには、SmartBoardingを使って効率的に育成をはじめているので、それがうらやましいと。
どんなメンバーでも最初はやはり「教えてほしい」というのがあるのかもしれませんね。
なので、僕自身は、営業するわけじゃないですけど、成長しているベンチャー企業にはすごくいいんじゃないかと思っています。





▽SERVICE MISSION▽

新たなチャレンジを正解に

就職、転職、異動や昇進。これらは本来、ポジティブなチャレンジです。
しかし、ときに悩みや迷いが生じ、挫折をしてしまう人がいるのも実態です。

新たな変化へのチャレンジを正解にするには、
本人の努力と、会社側の環境づくりが必要です。

私たちは、チャレンジャーを支える環境づくりをサポートし、
より多くの人たちが新たなチャレンジに一歩踏み出せる世界をつくります。
開催日時 2017.08.24(木)  17:00 ~ 20:00
参加費用 経営者・役員・事業部長・人事責任者の方は無料でご参加頂けます。 ※ 経営者・役員・事業部長・人事責任者様ご同伴の方も無料でご参加頂けます。
開催地域 東京都
開催会場 新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル10階会議室<10階FCEグループセミナールーム>※エレベーターDからお上がりください
アクセス 新宿NSビル<10階FCEグループセミナールーム>※エレベーターDからお上がりください
キャンセルについて 開催前日までにキャンセルをお願いいたします。
このセミナーに関連のあるセミナー 「中途だから」と育成を後回しにしていませんか? 中途社員の育成時間を1/4、戦力化のスピードを3倍に。 smartboarding説明会 (2017.09.07 木)