• 管理職

マネジメントを行う管理職の皆様に読んでいただきたい

研修会社が自社で徹底する!リモート下でも効率的に育つ社員教育3原則

研修会社である我々が「社内」で徹底している社員教育の原則を【3】つに絞ってお伝えします。

最近下記のようなご相談をよくいただきます。
・リモートワークでニュアンスが伝わらず、フィードバックに苦労している
・教育方針をガラッと変えざるを得ず、マネージャー陣が混乱している
・体系化されていなかったため、教育が属人化してしまっている

多くの企業様にとって研修や教育は、特定の時期に、特定の時間を使って一時的に実施する「ある種のイベント」に近しいものかも知れません。時期を問わず年間を通して研修・教育を行い続けている企業様は、多くありません。

一方、私たちは研修を専門とする会社です。時期を問わず、常に多くの企業様の成功に向けて、あらゆる試行錯誤を「継続的に/自社で持続できるよう工夫を続け」繰り返しています。お客さまにお伝えするノウハウにはもちろん自信を持っていますが、それは事前に、社内教育にて何度も何度も繰り返して実践しているから、という背景があるからです。

この資料は研修専門の会社の、研修に強みを持つメンバーを更に束ねる責任者である【当社の経営メンバー】に実際にヒアリングを行った内容をまとめた資料です。

資料をご覧いただく前に予め先にお伝えしたいのですが、この資料には、小手先のテクニックは一切ありません。地味に見えるかもしれませんが、「成長を加速させるための」研修を極めたとも言える当社経営メンバーが考える、本当に必要な3原則をまとめています。

~ヒアリング対象者~
代表取締役社長:荻野 純子
取締役副社長:藤原 覚也
取締役:豊川 洋介

  • リモートワークでニュアンスが伝わらず、フィードバックに苦労している
  • 教育方針をガラッと変えざるを得ず、マネージャー陣が混乱している
  • 体系化されていなかったため、教育が属人化してしまっている

下記フォームご記入後、
資料をお送りします。