トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる

ぶっちゃけ、ベンチャー企業をなめてました

View All:

2017/03/11


こんにちは、FCEの中途新人の辻です。

突然ですが、あなたは転職したことはありますか?

または、あなたの会社で、中途社員の採用って積極的にしていますか?

…そして、採用した中途社員の中に、「前の会社はもっとしっかりしてました!」とか言う人はいませんでしたか?

今日は、私自身の転職の話をします。正直、ベンチャー企業をなめて、転職をした私が、大企業とベンチャー企業の違いを体感し、悩み、時にはイライラしたこと、そしてそもそも正しい仕事の仕方が自分が全然できていなかった、ということに気付いたという話を赤裸々にしようと思います。

 

ぶっちゃけ、ベンチャー企業をなめてました

まずは私の転職経歴を簡単にご紹介します。

某大手医療卸企業(一部上場)⇒某大手人材紹介企業(一部上場)⇒現在(FCEトレーニング・カンパニー)といった具合です。つまり、私は大手2社を経験して、ベンチャー企業に来ました。私は大企業出身ということもあって、ぶっちゃけ、ベンチャー企業をなめてました。そこから、事件は起こります…

あれ、仕事が全くできないぞ?

ベンチャー企業には、そもそも大手では当たり前にある、管理システムや確立された仕組みなどが大手に比べると、あまりありません。え、これでどうやって仕事するの?というのが転職してきた時の正直な感想でした。これじゃ~成果なんて出せるはずもないよ、と、入社した時、本気で思っていました。

だからかもしれませんが、私は、おそらく過去、中途採用人材の中で、一番成果を出さない人材かもしれないと完全に自信をなくしてしまい、、腐っていました。。。

社長が教えてくれた、正しい仕事の仕方

そんな時、社長が自ら、私に救いの手を差し伸べてくれました。

社長:「辻君、正しい仕事の仕方って、意味わかってる?」

辻:「う~ん、なんとなく…」

社長:「うん、それ分かってないね」

辻 :「ギク!!………」

そこから週1回の社長との1時間の正しい仕事の会議、なるものが始まりました。今更、なんで…これだけのキャリアがあるのに…こんな歳になって、今更正しい仕事の仕方? と、正直悔しい気持ちでいっぱいでした。

しかし、いざ、正しい仕事の仕方会議が始まると、「なるほど!」「まじか!」「そうだったのか!」という、気づきや学びの連続でした。

そこで気が付いたことがあります。それは、大手企業は仕組みが完成されていて、役割を振られていて、仕事をきっちりこなしていれば、成果がある程度出るように、既になっていたんだということです。これは、もちろん悪いことではなく、誰でも一定の成果を出せる手法として、最も効果的な仕組みだということです。

反対に、ベンチャーはめまぐるしく任せられる役割や戦略が変わります。柔軟に対応しないと、業務過多になり支障が発生します。これは、仕事のセンスとか、ただ単に要領が良いというだけでは、対応できなくなくなってきます。だからこそ、「正しい仕事の仕方」が最も重要になってくるのです。

 

正しい仕事の仕方は超重要

私が習った、正しい仕事の仕方は、生産性の高い人たちが必ずやっている共通項をまとめた、というものでした。

指示の受け方

指示の受け方は「メモをとる」「相手の期待水準を確認する」「質問する」「復唱する」を徹底する。

報告の仕方

報告の仕方は「タイムリー(すぐ)に報告)」「アラーム(前もって)連絡」「相手の期待水準に不足なく」「結論から先に話す」を徹底する。

業務設計

業務設計は年、期、月、週という具合に長期的なものから短期的に設計する。

タスクブレイクダウンとスケジューリング

そして、各業務は「聞く」「伝える・連絡する」「頼む」「作業する」「調査する」「交渉する」といった具合にタスクをブレイクさせ、それぞれスケジュールに落とし込んでいく。

リスケジューリング

スケジュールで遅れが発生したら、リスケジュールするといった基本中の基本です。

 

でも、正直、、、私はこれが出来ていなかった。これまでの自分の自信は、会社が用意してくれた環境で成果を出していただけでした。もし、仕事がうまくいかない時や、もっと成果を出したい時、新しい環境で働く時、基本中の基本だけど、ちゃんとやるべきなのが「正しい仕事の仕方」だということです。

周りを見てみると、成果を出している人は、必ず「正しい仕事の仕方」を徹底して習慣化していました。改めて取り組むと、結構大変なんです、これ。しかし、ローマは一日にしてならず!!

コツコツ積み重ね、自分のモノにしてこそ、「正しい仕事の仕方」は最強の武器になるのです。プライドを捨てて、これから成果を出していきます!

今日の私の記事が、あなたとあなたの会社の「働くをおもしろくする」に参考になれれば幸いです。

以上、辻(つじ)でした。

キャプチャ

キャプチャ

▼「職育」仕事を通じて、人を育てる。職場を育てる。“働く”をおもしろくする研修が、あります。

http://www.training-c.co.jp/

▼トレマガ執筆者紹介ページ▼
https://www.training-c.co.jp/mailmagazine/profile/

▼「トレマガの内容、活用してる!」「自分もこんなことあったよ!」という方、ぜひ、トレマガのご感想、ご意見お聞かせください!▼
toremaga@training-c.co.jp

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

◆◇◆ 「働く」をモットおもしろく! トレマガ ◆◇◆

トレマガ編集・執筆責任者:中村 天大(なかむら てんだい)
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
連絡先:ml-info@training-c.co.jp

【当社プライバシーポリシーについてはこちら】
http://www.training-c.co.jp/privacy/
───────────────────────────────────

◆新たにご購読をご希望の場合は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
Copyright 2016 FCE Training Company. All rights reserved.
社内回覧、お知り合いへの転送は大歓迎です。全文、または一部の記事の無断転載はご遠慮ください。
※「7つの習慣(R)」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
※「7つの習慣(R)InnovativeMind研修」プログラムはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(FCJ社)とのパートナーシップ契約に基づき、FCJ社の監修のもと、研修、および振り返りテキストを通してビジネスシーンでの実践を目的に開発しております。

The following two tabs change content below.
辻智巳

辻智巳

辻 智巳(つじ ともみ) FCEトレーニング・カンパニー、セールス企画Div. 2016年7月にFCEにジョイン。 京都府乙訓郡大山崎町出身、実家は京都で40年続く洋食器専門商社を営む中小企業。兄妹の3人兄弟の真ん中で自由奔放に育つ。 大学時代に作家沢木耕太郎の代表作「深夜特急」にのめり込みバックパッカーに憧れるが、 憧れるだけで平凡な大学生活を送る。 1社目は安定を求め、医療系の大手卸企業に就職。 しかし、5年後、刺激を求め転職活動を決意。 転職活動中にキャリアコンサルタントから誘いを受け、そのまま人材紹介大手企業に転職をする。 人材紹介会社では、なぜか関西の機電系メーカーを主に担当し、法人営業(RA)として活躍させて頂く。 その際、寝る時も私のPDCAシートを枕元に置いて、面倒を見てくれた年下の上司とはいまでも親友。 そして、採用だけでなく、企業成長の支援をもっとしたいと思いFCEトレーニング・カンパニーに入社。 営業では、成果を出せず活力を失っていた時もあるが、現在はセールス企画というポジションを任せられ、 本来の才能を活かすポジションで輝きを取り戻す。 当社の理念「集合天才の未来を作る」※1を自身の経験をもって体現できたことに感謝!! 現在はセールス企画として、自社の業務効率の改善を中心とした活動等を行っています。 特技:料理 趣味:BBQと釣りバカ日誌を観ながら晩酌(至福の時) 夢:3人の子供たちと世界一周旅行(もちろんバックパックで) ※1「集合天才」とは ゼネラル・エレクトリックにおける組織運営の考え方の一つ、「collective genius」の訳。 各々の専門分野において突出した才能を集めれば、一個の天才をも凌ぐ存在を作り出すことができる。
辻智巳

最新記事 by 辻智巳 (全て見る)

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-仕事力上げる
-, , ,