• 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2022.01.28

イルカ型リーダーシップ

  • イルカ型リーダーシップ

【目次】

こんにちは!北海道出身FCEトレーニング・カンパニーの成田です。

今回は、リーダーシップについて私が考えさせられたことを書きます。

皆様の会社で新しくリーダーになった方やリーダーとして悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。

弊社では毎月の初めに社員全員で会議を行っています。

四半期の初めには、それぞれが「前四半期の振り返りと次四半期の決意」を話して、フィードバックをもらうという事をやっています。

「〇〇〇さんは”イルカ型のリーダーシップ”を持っている」

代表の荻野が、とあるメンバーのフィードバックをしている中で、こんな話があったのです。

それを聞いた私は「イルカ型? あまり聞いたことが無いな」と感じていました。ですが、荻野の説明や自身でその後調べる中で、理解が深まったので、共有できればと思います。

既に聞いたことがある方、聞いた事が無い方も少し“イルカ”をイメージすれば分かりやすいかもしれませんね。

どのようなリーダー像なのでしょうか。

サメ型リーダーとイルカ型リーダー

イルカ型リーダーと対比されるのがサメ型リーダーです。

それぞれはどのように違うのでしょうか?

イルカ型リーダー:仲間とテレパシーで対話しながら、周りの状況を把握し、バランスを取りながら集団をまとめ上げていくタイプ。

サメ型リーダー:集団のボスのように先頭に立って突き進み、強力なリーダーシップで組織を統率するタイプ。

いくつかの記事を見ると、「企業が変革を進めるには、サメ型よりもイルカ型のリーダーの方が適しているように思う」等の意見もあるようです。

私自身もリーダーとしてチームに影響を発揮していく立場にあります。

「よりチームが力を発揮するには?」「どのようなあり方が必要なのか?」などと考える機会も多いです。

特に今「Z世代」という20代前半のメンバーが社会で活躍をしていますが、30代中盤の私とは価値観も一人ひとり違う中で、いかにそれを理解して進めたらいいか迷うときもあります。

そんな時は、後輩や部下を支えて、伸ばす「イルカ型」の要素を身に着け、更なる活躍を後押ししていきたいと思いました。

柔軟性のあるリーダーシップ

ただ「サメ型」にも良さはあります。

「イルカ型リーダー」について調べている中で、6年ほど前の株式会社ジンズホールディングスCEO田中氏のブログが出てきました。

その中では、

================

サメとイルカのリーダーシップを場面に合わせて「使い分ける」ことの重要性に気づきはじめた。

私のリーダーシップのスタイルが、サメ型からイルカ型に「変化した」のではない。
あくまでも両方を持ち合わせることが必要で、使い分けられることも大切。

出典:JINSホールディングス CEOブログ「今、僕が思う事」
URL:https://jinsholdings.com/jp/ja/ceoblog/20161130/

================

とありました。

苦境を切り開いていく時何か新しい事をスタートする時、「サメ型リーダー」の強いリーダーシップが必要です。

きっと、会社にいるリーダー全員が「イルカ型」である必要はなく、「サメ型」も含めて、様々なリーダーが必要だと思います。

さらに言えば、誰もがその時々で「サメ」にも「イルカ」にもなれれば、とても柔軟性のあるリーダーシップを発揮できますよね。

  • 改めて自身の強みを生かしてどのようなリーダーになるのか?
  • 今のメンバーに合ったやり方はどのようなのなのか?

改めて「リーダーシップ」について考える機会になりました。

少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

以上成田でした。

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30