03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2021.03.08

ストローク

【目次】

こんにちは、FCEトレーニング・カンパニー「7つの習慣(R)」研修講師の松村です。
ちょうどマイカーの車検の時期なのですが、必要資料を持っていくことを失念してしまい、もう一度予約を取り直す羽目に…。

恥ずかしい話ですが、知的創造の大事さを身をもって痛感しました…。

免活ランチ会で気づいたこと

弊社社員が免活(めんかつ)という取り組みをしていることは他の社員のトレマガでお読みいただいたことがあるかと思います。私も例にもれず、グループに入りコツコツと実施をしております。

今月、私が入っているチームではオンラインのランチ会を実施しました♪
5人のグループで実施をしておりますが、5人中3人が入社1年程度のメンバー、そして2名は拠点が離れているメンバーで構成されています。私もほぼ「初めまして」のメンバー。私自身が一番のベテランでもありますので…

ランチ会の中では、とにかく司会に徹し、話せていないメンバーがいれば話を振り、孤立する人が出ないように心がけて1時間を過ごしました。終わった後もメンバーとのやり取りをしていると、

「入社したばかりでお会いしたことがない方ばかりで不安だったのですが、こういうコミュニケーションの場があって良かったです」というコメント。

入社して1年経っていますので、だいたい仕事にも慣れてきているはずだし、、、コミュニケーションも取れているだろう。
と思っていましたが、リモートワークが増えたこともあり、ベテラン社員が考えるよりも、意外と、コミュニケーションが取れていないのだなと。

こうやって、コミュニケーションの場を設けてみて、初めて自分自身が「歪んだパラダイム」囚われていたことを思い知らされたのです。

特に拠点の離れたメンバーはまだまだ知らない社員も多いはずですし、慣れていない。
自部署内の社員であれば日々の業務でコミュニケーションを取っているはずですが、部署が変わると、ほとんどコミュニケーションを取っていないはず。

もしかすると、コロナ禍でなくとも、会社が成長し、社員数が増えるタイミングや、組織が大きく変わるタイミングなどには、発生することかもしれません。

そういった、社員同士のコミュニケーションが薄くなりそうな時こそ意識して、コミュニケーションの機会を持てるといいですね。

新人メンバーが、声をかけやすい環境を作ってあげることも、既存メンバーの役割でもあるな、と思います。
相談があるだけで、事前に防げることも多いですからね、相談が上がりやすい環境があることは大切です。

そして、自部門の社員や、身近なメンバーへ日々の「ストローク」つまり、日々のコミュニケーションを積極的にとることも大事だと私自身も改めて実感しました。

オンラインランチ会以外にも、オンラインの会議の前に雑談タイムやチャットも効果的です!
いろんな方法でストロークしていきましょう!

以上、松村でした!

PS
次の車検はスムーズにいくように、知的創造しようと思います…

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

この記事を書いたコンサルタント

松村 聖也 (執行役員)

東証一部上場コンサルティング会社にて営業職に従事、北海道東北地区を担当しトップセールスの成績を収める。その後、教育事業会社の立ち上げに携わり、企業・学校向けの様々な教育プログラムを開発。経営者・管理職・教員に対して、20,000名以上に対して研修を実施。また外郭団体における役員として講師養成のためのトレーニングも務める。

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30