トレマガ

あなたとあなたの組織の「働く」をおもしろくする。
トレマガは、昨日とは違う今日を作るヒントが集まるサイト。
人と組織に小さなイノベーションが起き、どんどん「働く」がおもしろくなる場所です。

仕事力上げる 働くをおもしろくする 生産性上げる

スティーブ・ジョブズは、なぜ毎日同じ服を着るのか?という話

bbd1fe407737442e0dc10348da480f30_m

2016/09/28


「あー忙しい…」

「忙しい時に、何か決断することはすごく面倒なことなので、決断が雑になってしまいます…まぁそれでもいいや…と思ったことは、大抵あとで後悔することになります。だから、決断する回数を減らすために「仕組みにできることは仕組みにする」という言葉がとても心に残りました。」

先日の朝礼が終わって、弊社の経理の人の報告書に書いてあった言葉です。

実は私たちの会社では、朝礼が終わったら、3日以内に朝礼から得た気付きと、やると決めたアクションを全グループ社員に送るということをしています。

「えっ?そんなことしてんの?」

と思った人もいると思いますが、これには、ある大事な目的があります。実はこれも伝える達人になる訓練の一環なのです。

(最近毎回伝える達人の話をトレマガで取り上げていますが、「?」と思った方は、以前のトレマガを見てください。)

トレマガ <第88号>ちかん力

受け取る達人は、どんなことからでも、どんな人からでも気付きを得て、自分事にし、すぐにアクションに移すことができる。ということで、こんな取り組みをしています。

その中で、あったのが冒頭の気付きでした。この気付きの元となったのは、会長の石川が話をした、「スティーブ・ジョブズは、なぜ毎日同じ服を着るのか?」という話でした。この話を聞いていた社員たちは、グリグリメモをしていました。

(もちろん私も含め、です。)

スティーブ・ジョブズは、なぜ毎日同じ服を着るのか?

先日の朝礼のメインの議題は、「仕組み化」でした。

(仕組み化についての前回のトレマガはコチラ)

トレマガ <第92号>仕組みで解決しろよ!

その時に、会長からあった話は、こんな話でした。

「スティーブ・ジョブズは、なぜ毎日同じ服を着るのか?」

・・・

・・・知っていますか?

ご存知の方も多いと思いますが、アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズは生前、黒のタートルネックにジーンズ、足下はスニーカーというスタイルを貫いていました。

なぜなのか?

ストレートに答えを言ってしまうと、それは、「決断の回数を減らすため」だそうです。実はこれは多くの成功者が実践していることなのだそうです。なぜ、多くの成功者が「決断の回数を減らす」努力をしているのか?

理由は、簡単に言うと、決断をすると疲れてしまうからです。

決断疲れ、という言葉があるそうですが、小さな決断を繰り返すと、いざという時の、大きな決断の正確性が下がってしまうそうで、それを回避するために、このような「決断の回数を減らす」努力、習慣が必要なのだそうです。

毎日同じ服を着る成功者は、スティーブ・ジョブズに限った話ではなく、一般相対性理論で有名なアインシュタインも、毎朝何を着るかを決めるのは時間の無駄だと考え、同じスーツの別モデルを複数購入していたと言われています。

またFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグも日々お決まりのグレーのTシャツや、黒のパーカー、ジーンズを身にまとっています。

ザッカーバーグは、以下のように話をしていました。

「僕は社会への貢献に関係しない決断はできるだけ下さないようにしている。実はこれは多くの心理学的な理論に基づいていることで、何を食べるか、何を着るかなどのたとえ小さな決断でも、繰り返し行っているとエネルギーを消費してしまうんだ。日々の生活の小さな物事にエネルギーを注いでしまうと、僕は自分の仕事をしていないように感じてしまう。最高のサービスを提供して、10億人以上もの人々を繋げることこそ、僕のすべきことなんだ。ちょっとおかしく聞こえるかもしれないけど、それがぼくの理由だよ。」

決断の回数を減らせ

「だから仕組み化が必要なんだ!」

今まで仕組み化について、必要だとなんとなく分かっていながら、できていなかったのは、理屈が分かっていなかったからかもしれません。

この朝礼以来、急に「仕組み化!仕組み化!」と言い始めたので、最近社内で少し流行りの共通言語になっています。

冒頭の経理の方も、朝礼の気付きの報告書の最後にこんなことを書いていました。

「何か決断をしなければならない場になったとき、この判断は仕組み化・ルール化できないものかいったん立ち止まって考えることを癖づけます。手順だけでなく、ルール化できたものに関しては、マニュアルとして残し、このマニュアルをみれば誰でもできるという状態を作ります。また、経理処理をするときに迷っていることや非効率と思っていることがないか次回のミーティングでメンバーにヒアリングしてみます。」

決断の回数を減らすことで、決断疲れが減り、あなたとあなたの組織の生産性が上がるヒントにして頂けたらと思います。

以上、天大でした。

追伸

朝礼ネタはいかがでしょうか?

もしよければ、シェアをお願いします。

働くをおもしろく、を全国に広げたいのです。

The following two tabs change content below.
中村天大

中村天大

マーケティングDiv.サブマネージャー株式会社FCEトレーニング・カンパニー
株式会社FCEトレーニング・カンパニー、マーケティングDiv.サブマネージャー。トレマガ執筆者。茨城県牛久市出身。大学では半導体工学を専攻していたが、「自分はアインシュタインみたいな天才にはなれないし、自分が天才になるより、天才を見つけ、育てる方が価値あるんじゃないの!?」と思い、学部の9割以上の人が大学院に進学する中、、突如、教育業界に進路変更し、大学を卒業。社会人2年目でマネージャーへ昇進し、バリバリ働くが、働きすぎて身体を壊す。また、塾で子どもたちに「夢を描け!世界で活躍しろ!」と言っているが、「てゆーか、そもそも自分はどうなのよ?」、「まず、語れる自分にならなきゃなんじゃないの?」と思い、その後、FCEトレーニング・カンパニーへ転職。しかし、世の中は甘くなく、人材育成事業のコンサルティング営業職に就くが、元気と笑顔だけで生きてきたので、思ったようにお客様の成果に結びつけることができず…「お前、ここで死に物狂いになれなかったら、もう行くところないよ?」と、上司に言われ、マーケティングDiv.へ異動。おっちょこちょいで、超楽観的な性格から、「こんな感じでたぶんイケると思います(^^♪」という計画を、上司たちに木っ端微塵にされ、叱られながらも徐々に成長。。。言葉通り、死に物狂いで働き、勉強し、グループ内でジ・エンプロイー・オブ・ザ・イヤーを受賞。現在に至る。私にとっての働くをおもしろくするは、豊かな人生を送るために、おもしろく働く。おもしろく働くから成果が出る。成果が出るからプライベートも充実し、楽しい人生になる。
中村天大

最新記事 by 中村天大 (全て見る)

この記事をシェアする

「働くをおもしろくする」FCEトレーニング・カンパニー

3万2千部発行「働くをおもしろくする」トレマガ!規約に同意して

-仕事力上げる, 働くをおもしろくする, 生産性上げる
-, , , , , , ,