03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2021.05.19

褒められると…

【目次】

社会人になって初めてできた後輩のこと、覚えていますか?

私は後輩と、かれこれ15年以上の付き合いが続いています。

先日、当時のチームメンバーとオンライン同窓会をしたときのこと。

「川島さんに褒められるなんて当時の自分に教えてあげたい」

と、その後輩に冗談交じりに言われたのです。

当時の会社は「ダメ出し」という文化があり毎日先輩や上司に対し「ダメ出しお願いします!」改善すべき点を指摘してもらうのが習慣となっていました。

そんな私が自然と褒めたもので、驚いたのでしょう…。

褒められると照れる

年月は流れ、現在の職場であるFCEトレーニング・カンパニーに入社した私。

入社して驚いたのが「褒められる」ということでした。

良かった言動、仕事への姿勢や在り方など、「習慣化してほしい良い行動」を見つけて褒める!という文化に触れたのです。

最初は、「褒められる」ということ自体が照れくさくて。

「こんなときどんな顔したらいいのか」という状態でした。

「ダメ出し」も「褒める」も相手の成長を願って伝えているという点では共通しています。

どちらが良いということではありません。

ただし、どちらも経験して思うことは、「改善点を見つける力」と同様に「良いところを見つける力」両方とも大切だなということです。

自分の良いところ?

入社して間もないころ、「褒める」ということに慣れていない私に上司はこんな言葉をかけてくれました。

「他人の良いところを見つけることができるようになってくると自分の良いところを見つけるのも上手になる」

得てして、自分には厳しく、出来なかったことやダメな点に目が行ってしまうものです。

ですが、自分で自分の良いところを見つけ認めることも大切。

自分自身の良いところを見つけ、認めてあげたら、さらに伸ばすための努力もしやすくなりますよね。まだまだ、褒めたり褒められたりすると戸惑う気持ちもありますが…(笑)

「良いところを見つける視点」大事にしていきたいと改めて感じています。

この視点を持つことで、個の成長、そしてチームの成長に貢献できるのではないでしょうか。

FCEトレーニング・カンパニーの川島でした。

PS
「褒められる」ことに少し慣れたのは、朝礼での褒める習慣のおかげかもしれませんね。

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30