• 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2022.05.13

自走するチーム作り|Z世代が求める「安定」とは…?

こんにちは、「7つの習慣(R)」研修ファシリテーターの松村です。

この記事では、「自走するチーム作り」シリーズとしてお客様からよく頂くお悩みに対して、ヒントになる情報を発信しています。

前回に引き続き、Z世代についてお伝えできればと思います。

【目次】

「成長できる環境ですか…?」

Z世代は企業選びにも「安定性」をすごく重要するようです。

「安定した人生を望んでいる」

「安定した暮らしを送りたい」

と言われているそう。

少し前のミレニアム世代は「楽観的」「理想主義」といった価値観を持っていると言われていたことを考えても、大きく世代感が変わったと言えますね。

事実、新入社員の面接を担当する中でも「成長できる環境かどうか」という質問を受けることが増えて来たように思います。

Z世代が「安定性」を選ぶとはいえ、終身雇用や年金暮らしなどの「甘い理想」は描いていないんです。

そもそも終身雇用なんて概念がないようです。

彼らがいう安定とは、「成長」。

彼らは、長期的な安定は自分自身の成長でもたらされる。

「自らの成長」こそが「長期的な安定」につながるという風に考えているということ。

自分が成長する前提で見て会社や仕事を選んでいるんです。

事実、新入社員が就職先を確定させた際の決め手は3年連続で「自らの成長が期待できる」ということが1位。

とはいえ、成長する必要はある、と自覚しているけれども目指す姿はあいまいで、どう成長していけばいいのかはっきり描けているわけではない…という人もいます。

将来が不安だから成長したい、けれど…何かになりたいわけではない。

というのが、Z世代の特徴なんですよね。

目指すビジョンや姿を示すこと

そう考えると、2008年にリーマンショックが起きた時には、彼ら彼女らはまだ7歳~8歳。

東日本大震災の時も小学生です。

幼い時期に様々な変化を見てきた世代だからこそ、そう思ってしまうのは必然なのかもしれません。

先行きが不安定になる世の中で、将来が不安で不安でしょうがないのでしょうね。

Z世代の価値観や特徴を踏まえると、「未来のキャリアビジョンを描くことができる環境」を作ってあげること。

そして、「どのように成長してほしいのか」というビジョンを共有してあることがZ世代を育成しWin-Winの関係を生み出すために必要なのかもしれません。

松村でした。

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

人気のダウンロード資料

一覧へ

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30