03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2021.10.08

妹の行動から学んだ社会人として大切なこと

【目次】

こんにちは、美味しい食べ物が沢山ある秋が近づき一番好きな季節なのでワクワクしているFCEトレーニング・カンパニーの李 惠智(イ ヘジ)です!

実は私、8歳歳が離れた妹がいます。妹は現在大学受験を控えた高校3年生。

先日、そんな妹から「大学入試の願書を出すときに一緒に提出をする志望理由書を添削してほしい」と連絡がありました。

いつまでに確認すればいいのかを確認すると…「今日の18時までに完成させて塾の先生にみてもらわないといけない」とのこと。

その連絡があったのはなんと17時

その時私はたまたま家にいたのですぐに確認をすることができましたが、外出をしていて確認ができない可能性もあった中でどう考えても時間ギリギリの依頼についつい注意をしてしまいました。

私も小学生の頃から『夏休みの宿題は最後の3日間で徹夜をしてやっと終わらせるタイプ』の人間だったので、直前になって動きだすのも理解はできます。

ですが、大学受験は人生の中でも結構大切なイベントだと感じているだけに、さすがに妹の考えの甘さに呆れてしまいました…

しかし、この一件から私自身も仕事をしている中で誰かに依頼をするとき、つい自己中心的で短納期の依頼をしてしまっていることが多々あるなと反省をしました。

「誰かに依頼をする」ということは何かを確認してもらったり、今回のように添削をしてもらったりと「相手の貴重な時間を割いてもらう」ということ。

相手の都合も考慮し、早め早めに依頼をすることを私も意識しなければいけないなと改めて感じた出来事でした。

これを読んでいただいた皆様の中にも、私と同じように少し思い当たる方はいらっしゃいましたでしょうか?

明日から、より良い仕事の仕方を心がけていただくきっかけとなりましたら嬉しいです。

以上、李 惠智(イ ヘジ)でした。

PS
怒りながらも妹の志願理由書はしっかり添削をしてあげました。笑

塾の先生にもOKをもらえたとのことだったので後は本番に挑むのみ…

結果発表まで、まだまだ先ですが私も今からドキドキです!

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30