03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2021.03.10

褒められたら嬉しいことだけじゃない

【目次】

本日は、「褒められたら嬉しいことだけじゃない」についてお伝えします。

FCEトレーニング・カンパニー「Smart Boarding」プロジェクトリーダーのマシュー・オドロンです。

以前のメルマガで「褒める側」の視点から誰のためについて話しました。
今回は「褒められる側」の視点で話します。

ほとんどの皆さんは褒められたら嬉しくなります。
まれに皆の前で褒められたくない人もいますが、ほとんどの皆さんは褒められるのが好きだと思います。

私たちは去年から毎日の朝礼でチームメンバーを褒めていますし、そして褒められています。

最初は、褒められたら「嬉しい」と思ったけど、そのあと深く考えていなかったです。
ただ「嬉しい」と思っただけです。ですが、最近に褒められるときに新しい気づきがありました!

●●のことで○○さんが嬉しかった。

何が言いたいか、
褒められるときに「マティさんが〇〇のことで〇〇〇〇で感謝です/すごいです」と褒められるパターンが多いです。

褒められた内容をしっかり振り返ると自分の行動の何がメンバーに良い貢献なのか?に気付きました。
褒められた内容をブレイクダウンするとチームに何がよい影響と貢献か明確にすることができます。

そして、逆もあります。数ヶ月で頑張っていることが褒められなかったら、自分では良い貢献になっていると思うかもしれませんが、メンバーにはそうではないかもしれません。そうなった場合、もう一度その行動を確認して、本当に良い貢献になっているか自分で確認できると思います。

褒めるときもすごく貢献できますが、褒められたときも自分に大きな影響にできますので、ぜひ、やってみてください。

以上、マシュー・オドロンでした!

PS
私は一番苦手なところは人の話を聞くことですので、毎日の朝礼で誰が誰に何のことについて褒めているかしっかり聞きます~

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

この記事を書いたコンサルタント

FCEトレーニング・カンパニー (編集部)

FCEトレーニング・カンパニー 編集部です。
人材開発/研修を検討中の方、組織力の向上を目指し情報収集をしている方向けに有益なコンテンツを発信していけるようサイト運営をしております。

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30