03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • 「働くをもっとおもしろくするため」の気づき
  • 2021.01.25

「NO」といえる勇気

【目次】

こんにちは、FCEトレーニング・カンパニーの橋立です。

弊社では、毎年、年末年始に『7つの習慣』を読みレポートを出す課題があります。

入社してから3年、毎年『7つの習慣を読む中で、その年によって、「目に止まることが変わる」のは、『7つの習慣』のおもしろいところです。

今年、私が印象に残った『7つの習慣』のある一文を、自分の経験とともに、ご紹介します。

今年、1番印象に残った言葉

<第3章>優先事項を優先する

「「NO」といえるようになる秘訣は、自分の中でさらに強い、燃えるような大きな「YES」を持つことです。」

仕事を進めていく中で、「NO」というべきタイミングは必ずあります。

私もできることが徐々に増えてきた中、その分任せていただける仕事の量も増えてきました。

ただ、そこでぶつかった大きな壁が、「時間がない…」ということ。

限られた時間の中で、「どれだけ成果につながる動きができるのか」「生産性の高い仕事ができるのか」このことを今まで以上に、強く感じることが増えました。

私は、よくも悪くも「イエスマン」の傾向が強く、「NO」といった方がよいタイミングでも、「YES]ということがあります。

そんな私にとって、とてもインパクトのある言葉でした。先日の会議でも、「橋立、戦えよ!」「できないことはできないと言え」とご指導をいただきました。

その時すぐに思い浮かんだことが、「燃えるようなYESを持っているのか」という言葉でした。

燃えるような大きな「YES」とは?

「燃えるような大きな『YES』を持つこと」

これは、つまり「目標にコミット度合い」比例をするではないかと思います。

「必ず目標達成をする」

「絶対にこの数字が落とせない」

「今最重要なことに時間を使うべき」

など。

自分の中で燃えるような大きな「YES」を持つこと、そしてチームのため、会社のために、「NO」と言えることは、とても「誠実」だと思いました。

「誠実さ」はより深く、そして度合いをもっともっと高めることできる。

さらに上のステージに上がるために、「燃えるような大きな『YES』」持てるビジネスパーソンになりたい。

そう、思いました。

もしも、私と同じように「NO」ということが苦手な方がいらっしゃったら、自分の中でさらに強い、燃えるような大きな「YES」を持ってみてはいかがでしょうか?

今よりもさらに、ビジネスパーソンとしてのレベルが上がり、働くことをもっと面白くできるかもしれません!

以上、橋立でした。

PS
『7つの習慣』はビジネスでもプライベートでも活かせることがたくさんあります!

ぜひ、次の読書の候補に『7つの習慣』はいかがでしょうか?

読み返してみると、意外な気づきがあります!

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30