03-5908-1410月〜金曜 10:00〜17:30

  • リーダーシップ
  • 2020.12.11

次の一手を見つけるコツ

【目次】

最近、2歳の次女がたくさん話せるようになってきて、子供の成長に日々驚かされています。FCEトレーニング・カンパニー仲村拓馬です。

さて、本題ですが、仕事を進めている中で、

「この問題、一体どうやって解決したらいいのだろう?」

「次の一手、改善の一手が見つからない!思いつかない!」

そんなとき、あったりしませんか?

当たり前に、皆さんがやっていることかもしれませんが、今日はそんなときに使える3つの「打開策」をご紹介したいと思います!

「パラダイム」を外して考える

問題を解決するためには、「なぜ、その問題が起きているのか?」という要因を探る必要があります。

なぜ、要因を分析する必要があるのでしょうか。改善の一手、次の一手が見えない時は、


  • そもそも要因分析ができていない

  • 要因分析はしているが、パラダイムが邪魔している


ということが考えられるのです。

要因を考える時に大切なのは、具体的な事実と、事象を捉えること。

事実を捉えるというのは、


  • 感覚ではなく数字

  • 解釈ではなく、実際に起きた事象


に正しく向き合うこと。

ビジネス経験があればあるほど「たぶん、ここが問題だな」「前もこんなときあったから、同じような問題だろう」と自分の感覚、勝手な解釈で物事を判断しがちです。(私もそうです)

その人が持つ、物の見方・価値観を「パラダイム」といいますが、パラダイムは、時に自分の目を曇らせてしまいます。

少し視野を広く持ち、


  • 本当にこれが要因か?

  • 他に考えられないか?

  • 自分の思い込みはないか?


と問いかけてみると、新たな発見があるかもしれません!

新たなインプットをする

要因はつかめたが、改善の一手が思いつかない!…というケースもあると思います。

そんな時に、私が良く思い出す言葉は、

「インプット以上のアウトプットは出ない」

ということ。

自分の頭の中に答えがないのであれば、新たに入れるしかありません。本を読んだり、勉強したり、他の人に聞くのもいいですよね!

新たなインプットから、一手が生まれるときもよくあります。

私も過去に、「どうしても思いつかない…」という状態で、本屋さんに行ったら「これだ!!」ということを書いてある、運命の様な本に出合えて、道が開けた経験があります。

ぜひ、試してみてください。

他のルートを探す

最後に、それでも無理!となった場合は、「別のルートを探す」という一手もあるかもしれません。

そもそも、なぜ何のために問題解決するのか?


  • 目標達成するため

  • 成果を上げるため


であって、「問題解決するため」ではありません。

その問題を解決しなくても、他に目標達成できる方法成果に繋げられる方法があるのであれば…

問題解決する必要がないかもしれませんよね。

「他のルートはないか?」という問いかけも、活用してみてください。

以上、打開策3つでした!

と、長々と書いてみたものの「言うは易く行うは難し」

上手くいっていないときは、焦りの気持ちがあったりしますよね。でも、大丈夫です。

小さな改善でも、地道に積み重ねることができれば、必ず成果に繋がります!心を落ち着けて、自分を信じて、道を切り開いていきましょう!(と、私も自分自身に言い聞かせています!)

仲村でした。

PS

行き詰ったときは、気分転換も大切なので、自分なりのリフレッシュ方法で、切り替えていきましょう!私は、湯船にゆっくり浸かることが、一番の気分転換です。

この記事が参考になったら、「シェア」をお願いします!

  • LINE
  • はてブ

今求められるリーダー像とは?リーダーに求められる3つの資質

今求められるリーダー像とは?リーダーに求められる3つの資質

2000社以上の⼈事担当に聞いて共通していた今の時代に求められるリーダーの資質とは?現在のリーダーに⽋かせない3つの資質を動画にまとめてご紹介します。

この資料を見る

この記事を書いたコンサルタント

FCEトレーニング・カンパニー (編集部)

FCEトレーニング・カンパニー 編集部です。
人材開発/研修を検討中の方、組織力の向上を目指し情報収集をしている方向けに有益なコンテンツを発信していけるようサイト運営をしております。

メルマガ登録

8,000名の経営者が購読中!

累計30,000名のビジネスパーソンが購読する人材開発メルマガです!
年間450社以上の研修を行う中で導き出した、人材育成/開発に関するノウハウを無料で発信しています。

利用規約

個別でのご相談も受付中!

人材活用、育成に関する課題をお申し付けください。最適なアプローチをお答えします。

『個別相談』を申し込む

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-5908-1410

受付時間 月〜金曜 10:00〜17:30